抗がん剤治療の75歳以上との違い持病、変化

がんの薬物利用は近年どう変化していますか?

正常な細胞も壊す従来の抗がん剤に加え、がん細胞だけを狙い撃ちし、副作用も比較的少ない分子標的薬が次々と登場し、患者の選択肢が増えています。
遺伝子レベルでがんの型を調べ、最適な薬を選ぶ個別改良も徐々に浸透してきました。 続きを読む

抗がん剤治療中も働く患者が増えています

抗がん剤治療中も働く患者が増えていますね。
副作用を抑えるいい薬もあり、多くの場合は外来でできるようになりました。
その方が早く社会復帰できます。
ただ、配置転換や退職勧奨を恐れ、周囲に闘病を隠して働く人も珍しくありません。

抗がん剤治療は昔のように苦しげではない

問題はがん患者に向けられる社会の誤解や理解度の低さです。
癌への恐怖心、一昔前の苦しげな抗がん剤治療のイメージが今も根強いのです。
抗がん剤で嘔吐する確率

点滴の抗がん剤は通常1日投与して、3週間の休薬するというサイクルで、その間、床に伏せっているわけではありません。
再発しても治療しながら長く癌と共存している人もいます。
様代わりする治療の現実に人々の理解が追いつき、患者が安心して暮らせる社会を築くことが急務です。
日本医大武蔵小杉病院の腫瘍内科享受、勝俣先生。

持病でも抗がん剤で治す、糖尿病、高血圧、糖尿病性腎症や心筋症

糖尿病、高血圧、糖尿病性腎症や心筋症。
持病を抱えながら悪性リンパ腫の治療に望んだ東京都の50代後半会社経営者の男性。
2011年秋、嘔吐が続き、かかりつけ病院を受診。お腹に腫瘍が見つかった。
がん研有明病院の血液腫瘍科を紹介され11月悪性リンパ腫と診断された。
日本人に最も多い「非ホジキンリンパ腫」で腫瘍は約12センチあったが、病変が横隔膜より下に留まっている2期だった。
抗がん剤など5種類の薬を使うのが標準治療だ。 続きを読む

膿疱性乾癬に有効な新しい治療法1回1時間合計5回

難病で公費対象の膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)に有効な治療法があります。
皮膚の症状改善、薬使えない患者に光。
皮膚が赤く腫れ、膿が溜まる膿疱性乾癬は免疫を抑える薬などで治療するが、全身に広がると治り難く、再発を繰り返すことも多い。
最近、血液中の白血球の一部を取り除く、顆粒球吸着療法という治療が試みられ一定の効果を上げている。 続きを読む

病院のノロウイルス検査の金額、費用 すぐ結果わかる

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染し、1~2日の潜伏期間後、嘔吐や下痢、腹痛などを起こす。
軽い風邪のような症状で、かつておなかの風邪と呼ばれていた多くがノロウイルスによる感染性胃腸炎の可能性が高い。
京都大学東南アジア研究所の西渕光昭教授(微生物学、公衆衛生学)は、ノロウイルスは培養が困難で、以前は電子顕微鏡でしか検査できなかった。
今は遺伝子検査で簡単に検査できる。
集団食中毒が発生したとき、原因がノロウイルスかすぐにわかり、報じられるようになった。 続きを読む

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。
薬が効かなくなるたび次の薬はあるのかと一喜一憂してきた。
肺がんを患い7年半になる70歳女性。
大阪府立成人病センターで治療を受け、これまでに使った抗がん剤は11種類に上る。
2006年9月、日本人の約6割を占める、腺がんと診断された。
他の臓器への転移はなく、標準的な抗がん剤と放射線治療で癌は消えた。
だが、翌年右肺を覆う胸膜に散らばる形で再発。
その後は血液検査で腫瘍マーカーの数値が上がるたび、従来型の抗がん剤などで抑えてきた。 続きを読む

DNAR蘇生しないを在宅医療 家に帰ることを重視した診療報酬改定

2014年の診療情報報酬改定のポイントは在宅医療重視へ転換です

●7対1病床の入院基本料の要件を厳格化
●在宅復帰率が高い医療機関を評価
●救急医療を終えた患者の受け皿となる病棟を評価
●在宅療養後方支援病院を評価
●主治医機能の評価を新設
●病院などの初診料を120円、再診料を30円引き上げ 続きを読む