食後に冷えるのは腸に血液が集中する為

長寿の秘訣は何か?
慶応義塾大学医学部の伊藤裕教授は、「腸の寿命=人の寿命。いかに腸の老化を遅らせるかが長生きのポイント」と話す。
具体的にどうすれば腸の老化をおくらせれるのだろうか。
キーワードは怠けさせすぎない、疲れさせすぎないにあるという。 続きを読む

足をつる方法、つり原因冷え脱水のどの渇き水を飲む

なぜ足はつるの?

足のつりの原因、研究者国立米子工業高等専門学校大野先生の足をつる方法。
つり実験、スタッフは足の中指がつる。筋電計でチェック。
ひざを曲げた状態で足全体に力をいれ、15秒で力を抜く。
つると力を抜いているのに力が入りっぱなし。 続きを読む

手術しないがん治療は動注で抗がん剤と放射線

抗がん剤の動注で患部に。
宮崎県石巻氏の漁師70歳男性は2008年6月に宮城県立がんセンターに入院した。
2~3ヶ月前から右頬が腫れ、痛みやしびれを感じていた。
受診した病院からがんセンターに紹介され詳しく検査した所、頬骨の裏側にある上顎洞の粘膜から発生した癌であることがわかった。 続きを読む

沖縄は肉揚げ物酒てんぷらが美味しく肥満になる

沖縄長寿が転落した、。
チラガー豚の頭、揚げ物ドーナツ、てんぷら、サーターアンダギーをおやつ、間食で食べる習慣がある。近年ファーストフードが増えた。
ハンバーショップ店舗数全国一位、人口10万人に対し総数110件! 
お酒の頻度も高い。電車がないため終電がないので気にせず飲める!
飲み屋の件数全国1位! 続きを読む

AIMは内臓脂肪を溶かすがサイトカインという炎症物質が出る

内臓脂肪から分泌されるAIMの正体とは

脂肪の中に入り込んでいるAIMは脂肪を溶かしている。
脂肪細胞が血液中の栄養素を取り込み膨張する、白血球から脂肪を分解するAIMが分泌される。
AIMは脂肪細胞に入り込み脂肪を分解する。

脂肪を分解するAIMは肥満を解消する肥満を予防するのに役立つと思いがち。
だが、溶かした後出てくるサイトカインという炎症を起こす物質がたくさんでてくる。

AIMは誰でも持っている。
増えた脂肪を分解しようと大量のAIMが分泌される。
内臓脂肪の量に比例して分泌される。
脂肪を大量に分解するとでてくるのがサイトカイン。

サイトカインは全身に炎症を起こす

血液中に流れ出し、血管壁にぶつかり血管内炎症を起こしてしまう。
動脈硬化を起こすことで、心筋梗塞脳梗塞のリスクがたかまり、全身に広がり、糖尿病やアルツハイマーがんの原因にもなる。
脂肪を分解し、猛毒サイトカインを吐き出し続けるのです。
AIMのえさが内臓脂肪というイメージです。

血液検査でわかる。
採血をしなくても高いか低いかの目安、もともと痩せている人は太りにくい人AIM高め。
サイトカインが出やすい体質のため、急激に太る時は要注意。
もともと太っている人太りやすい人はAIM低め。
糖尿病にはなりにくいといわれていますが、太るということは肝臓にも脂肪がたまるため脂肪肝になりやすい。
最近は脂肪肝から肝臓癌、肝硬変に移行することが増えている。 続きを読む

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度も性交渉をしたことがない夫婦。
10組のうち1組が不妊に悩んでいる。
ここ10年で増えてきている未完成婚は究極の草食性ともいえます。
愛し合っているけど特に性交渉がないのです。年間10組ぐらい来るそうです。 続きを読む

学校の健康診断、小学生4~5年生が尿糖で中学生で糖尿病

糖尿病で急増しているのは子供です。
発症が若年化しています。
だいたい中学生が多いです。小学生4~5年生の学校の健康診断で尿糖でひっかかり、クリニックなどを訪れます。
原因は偏った食事です。
スナック菓子、清涼飲料水、テレビでゴロゴロ、運動しない。
いわば生活習慣ですね。 続きを読む

夜何回もトイレの夜間頻尿は心不全だった

トイレが近く夜も寝れない、尿がたまると痛みが発生する、寝てるときには10分に1度の割合でトイレに行く。
クシャミで尿漏れ、頻尿。
日本大学医学部附属板橋病院 泌尿器 高橋先生
天皇陛下の前立腺摘出手術医師団の1人。
診察の特徴は、泌尿器科だけでなく広い視野で把握。
本当の病気の原因を解明。 続きを読む

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。
一番上にある重い頭を骨盤からの背骨で支えている。
腰がしっかりしていると頭は支えれるが、腰が不安定だと頭を支えられない。
その分肩甲骨が傾いてしまう。
重心の悪い人に多いため、

肩こりチェック3

十秒間片足立ち でふらつかずに立っていられるかでわかる。
背骨が曲がっていたので肩甲骨が左右非対称じゃない。
腰が原因である場合、首にも影響。
テニスボールでストレートネックを改善
おじぎタイプはストレートネックになっている。
緩やかに湾曲しているはずが真っ直ぐに。
ストレートネックは首のクッションがなくなるため、さらに肩に負担がかかる。

肩甲骨が前に傾くおじぎタイプ改善法

腹筋を鍛えるのが重要
仰向けになって膝を曲げ、へそを覗き込む姿勢で10秒間キープする。
1日3回行うことで腹筋が鍛えられ腰が安定する。

リンが原因の膝の痛み、骨折

治らない膝の痛みで1年動けなかった。
名医の診察を受けると、実は全身痛かったことがわかった。
理由はリンが失われることで起こる脆弱性骨折。
左膝の痛みの原因はいくつもの小さな骨折だったのです。
たけしのテレビ番組、名医のセカンドオピニオンよりです。 続きを読む