ルミナール・HER2タイプ乳がん術後治療法は?

質問 浸潤性乳管癌、全摘するか温存にするか

44歳女性です。
1か月前、浸潤性乳管癌と診断され、手術を受けることになっていますが、全摘するか温存にするかまだ決めていません。
腫瘍の大きさは1.4センチ、ホルモン受容体はER、PgRとも強陽性HER2は(2+)で、FISH検査を受けて「過剰発現反応あり」ということです。
手術後の治療法はどのようなものでしょう。 続きを読む

手の目じりまで手荒れケアする金子エミさん

手荒れに対して手のモデルはどんなケアをしているのか?
駆け込みドクターが金子エミさんに聞いてみた。

金子エミさんは外でも手袋なし!

手が乾燥していると仕事にならない。
寒いのに手袋してない理由は保水と保湿をこまめにしている。 続きを読む

耳管狭窄症という病気の診断と治療

耳鳴り・耳詰まりが治らない。
48歳男性、2年前から「キーン」という耳鳴りや耳が詰まった感じがし、耳鼻咽喉科で耳管狭窄症と診断されました。
薬を飲んでいますがよくなりません。
酷いときは体がふらついたり、日常生活に支障が出ます。
手術など根本的な治療法はないのでしょうか?
私の父も鳴り止まない耳鳴りに悩んでいます。 続きを読む

歯磨き粉に硝酸カリウムと乳酸アルミニウム入りの商品

知覚過敏になると痛みを感じる理由

歯は健康な状態であればエナメル質と歯茎に覆われていて
冷たさなどの刺激が神経(歯髄)に伝わらないよう守られています。
それが歯周病の進行や加齢などにより歯茎が下がると、歯の根元部分の象牙質が露出してしまいます。
象牙質には神経につながる「象牙細管」と呼ばれる無数の穴が開いており、この穴を通じて受けた刺激が神経に伝わり、痛みを感じるのです。 続きを読む

直腸がんステージⅣ術後の延命治療法は?

質問 命のために外科的手術はできない?

56歳の夫は一年前、直腸がんステージⅣで開腹手術を受けました。
腫瘍の大きさは3センチ、肝臓に転移していました。
術後に抗がん剤治療を3クール行い、肝臓の腫瘍は3分の1に縮小しました。
7ヶ月前に肝切除術を行い、4ヶ月前に受けたCTでは他に転移はありませんでした。
2ヶ月前の検査で腹膜に2個の再発が見つかりました。
1ヶ月前から抗がん剤の治療を行い3クールのうち、2クールが終わりました。
主治医から「余命は長くて2年」といわれました。
延命のために外科的手術はできないのでしょうか? 続きを読む

セミノーマ、後腹膜リンパ節切除手術は必要?

質問 精巣腫瘍、術後化学療法後の治療法

59歳の男性です。
5ヶ月前、左精巣腫瘍で精巣摘除術を受けました。
がんの種類はセミノーマで、ステージⅡb期、大動脈周囲の後腹膜リンパ節に6センチ×4センチの転移がありました。
腫瘍マーカーのLDH(乳酸脱水素酵素)が313、LCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の値が15.1と少し高かったのですが、AFP(α胎児性蛋白)は正常でした。
3ヶ月前から抗がん剤治療(BEP療法)を3コース行い、後腹膜リンパ節転移は3.5センチになりました。
主治医から「腫瘍マーカーは正常化したが、3回目の抗がん剤の効果があまり見られなかったので手術をしましょう」といわれました。
後腹膜リンパ節切除手術は必要なのでしょうか? 続きを読む