目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。
3年前から目がしょぼしょぼして目を開けているのが辛くなった。
眼科に行ったら 涙の蒸発が早いのでドライアイの治療をした
次は歩くとふわふわする。
心療内科で原因不明といわれた。
半年前から左目だけ開けていられない。
運転も出来ないし集中できない。

ファーストオピニオンはドライアイ

今症状はどれぐらい?

今左目が閉じたくなった。
閉じてると片目を開けて長くいられる。

目がしょぼしょぼして開けていられない時はまず眼科医は表面の病気を疑う

目の表面の病気

  • ドライアイ
  • アレルギー性結膜炎
  • 結膜弛緩症

ドライアイを治療したが治らなかった。

気になった症状2つ

  • 歩行中にふわふわする
  • 左目を開けていられない

歩いてて景色とかはっきり見えづらい。
宙を浮く感じ 階段危ないなと思うことがあった。
症状が出始めるときより瞬きが多くなった。
ひとつ簡単なテストをしてもらう。

ポンポコテスト

これは眼科の教科書に書いてない東京都千代田区井上眼科病院若倉先生が考えたテスト。
実際にやっているテスト。
「ポンポコポン」というリズムで軽く瞬きする。
リズムに合った瞬きができない。
眉毛が動いている。
普通の瞬きはまぶただけでやる。
眉間にしわがよっている。

病名は眼瞼痙攣の疑い

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった
眼瞼痙攣は脳の神経回路の故障。
目を開ける筋肉に指令が上手く伝わらない。
その結果瞬きが上手くいかない。
両目を開けてられないから片目をつぶってしまう。
歩いていてふわふわする。集中力が欠けるので目を知らずに閉じてしまうから
ぶつかってしまったり、階段から落ちたりする。 続きを読む

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難病、パーキンソン病の治療に、
抗酸化物質のグルタチオンを点滴で投与する「グルタチオン点滴療法」が静かに広がっている。
健康保険は適用されないので治療が自己負担の実費治療になるが根本的な治療法がない中で、震えをどうにかしたい患者の選択肢となっている。

約6割の点滴で震えが止まる

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療
パーキンソン病は手足が震えたり動きが遅くなったりの症状がみられる。
症状が徐々に進行し、かつては寝たきりになると思われていた。
根本的な治療法は開発されておらず、症状を緩和する薬物療法などが取られている。

グルタチオン点滴療法は週2回点滴に通い、ふとももの震えが止まり、字も綺麗にかけるようになった。
ターンしたり走ったりできるようになり、重い荷物も持てます。
友達と泊りがけで神戸まで旅行もできましたと。 続きを読む

卵巣顆粒膜細胞腫の3度目の再発予防のために化学療法は?

質問 卵巣がんの抗がん剤で治療しましょう

52歳女性です。
6年5か月前、卵巣顆粒膜細胞腫で子宮と卵巣の全摘手術を受け、その後3か月ごとに経過を見てきました。
手術から4年1か月後骨盤内に再発、腫瘍の摘出手術を行い、術後の抗がん剤治療を受けてきました。
再発の手術から2年1か月、後肺に再発が見つかり、(2回目の再発)、肺上葉切除術を受けました。
主治医から、「卵巣顆粒膜細胞腫の抗がん剤はないので卵巣がんの抗がん剤で治療しましょう」と言われました。 続きを読む

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

日本人4人に1人が腰痛で、8割以上の腰痛は原因不明。
腰痛は必ずしも腰の骨に問題があるとは限らない。
重大な病気が隠れている場合がある。

名医東京都新宿区慶応義塾大学病院、整形外科、松本守雄先生。
独特の診察方法がある。
痛いのは腰のはずなのに診察するのは足の指。首や肩を押す。
腰痛に隠された原因を探すために全身を診察する。 続きを読む