認知症は病院で悪化も。介護疲れに入院やデイサービスを使う

公開日: : 最終更新日:2015/10/18 療養病棟、療養型病院

患者のプライドを保つ。
認知症に対する誤解と偏見を取り除くことである。
認知症患者が全て徘徊や妄想、暴力といった症状があるわけではない。
発症後も働いたり、ボランティアをしたりする人は少なくない。
患者が落ち着いて暮らせる環境を用意した方が症状の改善に効果的ともされ、むしろ病院に入れられて悪化した事例もある。

認知症介護する家族の方が疲弊しやすい

ところが介護する家族の方が自分を認識してもらえない辛さなどから疲弊しやすく、
体調を崩したりする。結果的に患者を病院などに預けないといけないというケースが少なくない。

認知症は、患者のプライドを保ちながら、
さりげなく支えることがポイントとされる。
家族の介護疲れの悪循環を断ち切り、患者が住み慣れた場所で暮らせるようにするには、行政や医療機関の支援体制の整備はもちろん、多くの人が患者への接し方を知ることが大切だ。

最近は講演などで自ら病状の啓発を行う患者も増えてきた。一部の自治体では政策に反映させようとの動きもあるが、
患者の声に直接耳を傾けることから始めたい。
患者激増時代を乗り切るには認知症患者に寛容な社会であることが求められる。

家族の負担削減にデイサービスを使う

平成26年1月19日の日曜講座、小子高齢時代、論説委員河合雅司。
デイサービスなどの通所リハビリは、患者のためではなく、家族が休憩するための物です。
患者がずっと家にいると疲れます。だから、週に2~3回の朝から夕方まで
療養型病院や介護施設などのサービスに預けるのです。

家族の介護疲れ対策にレスパイト入院も

さらに、家族が何日か病院を老人ホーム代わりに入院させれるという方法もあります。
リフレッシュ入院やレスパイト入院と呼ばれています。
そうして、介護する側、介護疲れを緩和することも可能といえば可能なのです。

まずは自分の利用する施設、相談できるケアマネージャーを探すのがよいです。
今の時代一人で悩む必要はないのです。

★他にもこんな記事もお読みください。

初めての介護サービスの種類と選び方
認知症の予防を食う寝る遊ぶで改善、効果
アルツハイマーの薬と発展と進行と物忘れ外来、予防と治療のお話
治る認知症のタイプ
うつ病治療薬に効果がない時は若年性認知症かもしれない
認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑