フシジンが効く理由は皮膚科の先生の趣味?

公開日: : 療養病棟、療養型病院

フシジンが効く理由は、なんでも治療が長引くと面倒だからだと思います。
ゲンタシンは耐性ができる。
リンデロンはゲンタシンのミックス。
フシジンは耐性ができにくい。
らしいです。

フシジンレオ軟膏というのが名前です。
フシジンはジェネリックはないです。

フシジンは傷やケガのとき、二次感染(傷口からばい菌が入って炎症)しないように塗っておくとよいです。
これは老人ホームの皮膚科の先生の話らしいです。

やっぱり老人ホームとか特養とかは、怪我や外傷、床ずれ、廃用症候群、皮膚潰瘍で医者や看護師は悩むんじゃないでしょうか。
細菌培養同定感受性検査などが行えないクリニックの往診なんかでは、耐性ができにくいフシジンが使いやすいということなんでしょうかね。

関連記事

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑