違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

公開日: : 最終更新日:2014/07/24 療養病棟、療養型病院

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期が迫った患者への対応に関し、日本救急医学会と日本集中治療医学会、日本循環器学会は、延命治療を中止する際の手続きを明文化した「救急・集中治療における終末期医療に関する提言(診療指針)」案を共同でまとめた。
人工呼吸器の取り外しも選択肢に含まれている。

これまで各学会がそれぞれ同種の指針や勧告などを公表していたが、表現が異なることなどから「医療現場や患者、家族、社会に混乱を招く恐れがある」として関係3学会で議論を進めてきた。
一般の意見も募り、早ければ今秋にも決定する方向で手続きを進める。

3学会共同の提言案は、平成19年に日本救急医学会が公表した指針を土台に作成。
新たな項目として、「患者が終末期であると判断され、その事実を告げられた家族らは激しい衝撃を受け、動揺する」とし、心のケアも盛り込んだ。

人工呼吸器の取り外しの例

提言案によると、救急患者は集中治療室(ICU)で高度な治療を受けている患者の終末期として、

  • 1.不可逆的な全脳機能不全
  • 2.生命が人工的な装置に依存し、生命維持に必須な臓器の機能不全が不可逆的であり、移植などの代替手段もない
  • 3.その時点で行われている治療に加えて、さらに行うべき治療方法がなく、近いうちに死亡が予測される

などのケースを例示。

複数の医師と看護師らで構成する医療チームが患者本人の意思を確認し、
それができないときは家族らの総意としての意思を確認して延命治療を中止するとした。

短時間で心停止することもあるって、外したらすぐ死ぬっていうことです

具体的には人工呼吸器、人工心肺装置の停止も選択肢の一つとして認め、
短時間で心停止することもあるため、状況に応じて家族らの立会いの下で行うとした。

すぐ死なない行為は現状行われている

療養病院ではすでに栄養と水分を与えないで老衰させる医療は行われている
療養病院では、レベルの落ちた患者に、患者の同意があれば栄養を与えないようにして、点滴の水分もどんどん減らして行き、老衰に近づけて亡くなるというのは既に行われています。
これが拡大し、療養病院でなくとも、一般病院や救急病院で今後行われていくのだという感じですね。

今までは違法だった行為が、違法でなくなる

チームバチスタ4 患者に筋弛緩剤などを投与し 医者が末期患者を殺人するのがテーマでした。
(末期で苦しむ患者を患者の同意で安楽死させること)

療養病棟、療養型病院は、意識のない患者でも意思疎通できない患者でも、
中心静脈栄養や、胃ろうをして気管支切開で人工呼吸をしてでも生きながらえさせる。
もう10年以上入院しっぱなしの人もいる。
この呼吸器などを外すことができないのが現代の医療。

関連記事

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

no image

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの

記事を読む

no image

食べる機能、舌が衰えて滑舌が悪くなり誤嚥に

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学の

記事を読む

no image

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサ

記事を読む

no image

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

食事介助のポイント 生活にリズム・歯を

記事を読む

no image

放置された高齢者が通報で介護サービスを受けるようになるまで

子供の虐待は警察に通報だ。 高齢者の虐

記事を読む

no image

中心静脈、経鼻胃管でチューブから感染で敗血症で死亡も

過剰な胃ろうの拒否反応に困惑も。 胃ろ

記事を読む

no image

認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う

ここまでする必要ある? ここまでできる

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

no image

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑