緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

公開日: : 最終更新日:2015/02/08 療養病棟、療養型病院

要町病院の吉澤先生。
早期から患者家族にケアをすること。
緩和ケアとは、痛みとって苦痛とって不安をとれば楽しく過ごせるじゃないですか。
身体的痛みや精神的苦痛をとり、治療の初期段階から行われる。

痛みに対して我慢強い日本人

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから
強い痛みを伴う癌。末期になると70%以上の患者が痛みと闘っている。
一方で緩和ケアを受診する患者データによると、癌の痛みはほとんどが取り除けるという。
しかし、我慢強いんですよ日本人。
高齢の方は気配りがあるので痛いといったら先生に申し訳ない。
看護師に言ったら、忙しいのに弱虫と思われるだとか、痛みをどうしても我慢するという国民性がある。

日本は麻薬の利用率が低い

痛みの緩和は原因である癌の縮小が主な方法だが、リハビリやマッサージなどの方法がある。
代表的なのがモルヒネの投与
医療用麻薬 効果が期待できるが日本では使用率が低い。
フランスの7分の一、アメリカの20分の1と、先進国なのに利用率が低い。
麻薬が持つ悪いイメージ。

麻薬使ったら本人は二度と会話できないんですかなど、間違ったイメージが多い。
痛みがある場合薬物依存は起きない。
我慢しない。それが何よりも心のケア。
在宅の緩和ケアは精神的に家にいるほうが自由。
家族とも顔が合わせられるし、子供の顔を毎日見られるのがいい。

痛みを取ると寿命が伸びる

命を輝きを支えるのが緩和ケアだと思います。
癌になっただけで強いストレスを受ける。
強い痛みがストレスに拍車をかける。
強いストレスが人間の抵抗力を落としてしまう。
癌の状態も悪くなる。

緩和ケアで痛みを取ると生活の質が改善し寿命を延ばす効果がある。

関連記事

no image

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンが

記事を読む

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image

放置された高齢者が通報で介護サービスを受けるようになるまで

子供の虐待は警察に通報だ。 高齢者の虐

記事を読む

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

患者さんが住宅改築の相談に居宅介護サービ

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

no image

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

食事介助のポイント 生活にリズム・歯を

記事を読む

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

no image

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑