緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。
早期から患者家族にケアをすること。
緩和ケアとは、痛みとって苦痛とって不安をとれば楽しく過ごせるじゃないですか。
身体的痛みや精神的苦痛をとり、治療の初期段階から行われる。

痛みに対して我慢強い日本人

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから
強い痛みを伴う癌。末期になると70%以上の患者が痛みと闘っている。
一方で緩和ケアを受診する患者データによると、癌の痛みはほとんどが取り除けるという。
しかし、我慢強いんですよ日本人。
高齢の方は気配りがあるので痛いといったら先生に申し訳ない。
看護師に言ったら、忙しいのに弱虫と思われるだとか、痛みをどうしても我慢するという国民性がある。

日本は麻薬の利用率が低い

痛みの緩和は原因である癌の縮小が主な方法だが、リハビリやマッサージなどの方法がある。
代表的なのがモルヒネの投与
医療用麻薬 効果が期待できるが日本では使用率が低い。
フランスの7分の一、アメリカの20分の1と、先進国なのに利用率が低い。
麻薬が持つ悪いイメージ。

麻薬使ったら本人は二度と会話できないんですかなど、間違ったイメージが多い。
痛みがある場合薬物依存は起きない。
我慢しない。それが何よりも心のケア。
在宅の緩和ケアは精神的に家にいるほうが自由。
家族とも顔が合わせられるし、子供の顔を毎日見られるのがいい。

痛みを取ると寿命が伸びる

命を輝きを支えるのが緩和ケアだと思います。
癌になっただけで強いストレスを受ける。
強い痛みがストレスに拍車をかける。
強いストレスが人間の抵抗力を落としてしまう。
癌の状態も悪くなる。

緩和ケアで痛みを取ると生活の質が改善し寿命を延ばす効果がある。