緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

公開日: : 最終更新日:2015/02/08 療養病棟、療養型病院

要町病院の吉澤先生。
早期から患者家族にケアをすること。
緩和ケアとは、痛みとって苦痛とって不安をとれば楽しく過ごせるじゃないですか。
身体的痛みや精神的苦痛をとり、治療の初期段階から行われる。

痛みに対して我慢強い日本人

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから
強い痛みを伴う癌。末期になると70%以上の患者が痛みと闘っている。
一方で緩和ケアを受診する患者データによると、癌の痛みはほとんどが取り除けるという。
しかし、我慢強いんですよ日本人。
高齢の方は気配りがあるので痛いといったら先生に申し訳ない。
看護師に言ったら、忙しいのに弱虫と思われるだとか、痛みをどうしても我慢するという国民性がある。

日本は麻薬の利用率が低い

痛みの緩和は原因である癌の縮小が主な方法だが、リハビリやマッサージなどの方法がある。
代表的なのがモルヒネの投与
医療用麻薬 効果が期待できるが日本では使用率が低い。
フランスの7分の一、アメリカの20分の1と、先進国なのに利用率が低い。
麻薬が持つ悪いイメージ。

麻薬使ったら本人は二度と会話できないんですかなど、間違ったイメージが多い。
痛みがある場合薬物依存は起きない。
我慢しない。それが何よりも心のケア。
在宅の緩和ケアは精神的に家にいるほうが自由。
家族とも顔が合わせられるし、子供の顔を毎日見られるのがいい。

痛みを取ると寿命が伸びる

命を輝きを支えるのが緩和ケアだと思います。
癌になっただけで強いストレスを受ける。
強い痛みがストレスに拍車をかける。
強いストレスが人間の抵抗力を落としてしまう。
癌の状態も悪くなる。

緩和ケアで痛みを取ると生活の質が改善し寿命を延ばす効果がある。

関連記事

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

no image

ミキサー違う、酵素で原型のまま風味を楽しめる介護食事NHK

朝のNHKニュースでありましたが、最近の

記事を読む

no image

モルヒネ麻薬死ぬ人に依存症とか副作用ではなく苦しまずに死ねるかが重要

モルヒネ医療麻薬 保険適応の拡大必要

記事を読む

no image

フシジンが効く理由は皮膚科の先生の趣味?

フシジンが効く理由は、なんでも治療が長引

記事を読む

no image

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄

記事を読む

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

食べる機能、舌が衰えて滑舌が悪くなり誤嚥に

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学の

記事を読む

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑