高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンがなしだったので要点のみです。
高齢者の訪問診療。
会話しない、食べない、昼間も覚醒してない寝ぼけている感じ、易疲労。多飲多尿である。
私も高齢者向け病院の受付をしているので、確定病名が気になりテレビを見てました。

胃がん術後、骨粗鬆症、利尿剤。
骨折やめまいなど、症状もたくさんある。

答えは薬剤性高カルシウム血症だった

ポリファーマシー、薬の不適切な多剤投与が行われていた。
患者の息子は母親の面倒を熱心に見ていて、症状があればあれやこれや病院にいき、整形外科、心療内科、皮膚科、耳鼻科、リハビリテーション科、健康診断、内科、訪問診療とスケジュールはいっぱいだった。
(家も大きくお金持ちだしね)

ここで訪問診療をするかかりつけ医が知らない間に他の病院から大量の薬を飲んでいた。

骨粗鬆症の薬と利尿剤が原因

体内のカルシウム量が足りているのに、骨粗鬆症の薬にビタミンD製剤、利尿剤を飲んでいた。
利尿剤はカルシウムの排泄を抑えるらしい。

高齢者になると老化と病気が重なり合っている。
老化は病気ではない。

関連記事

no image

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの

記事を読む

no image

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄

記事を読む

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

患者さんが住宅改築の相談に居宅介護サービ

記事を読む

no image

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサ

記事を読む

no image

モルヒネ麻薬死ぬ人に依存症とか副作用ではなく苦しまずに死ねるかが重要

モルヒネ医療麻薬 保険適応の拡大必要

記事を読む

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

no image

フシジンが効く理由は皮膚科の先生の趣味?

フシジンが効く理由は、なんでも治療が長引

記事を読む

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なの

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑