高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンがなしだったので要点のみです。
高齢者の訪問診療。
会話しない、食べない、昼間も覚醒してない寝ぼけている感じ、易疲労。多飲多尿である。
私も高齢者向け病院の受付をしているので、確定病名が気になりテレビを見てました。

胃がん術後、骨粗鬆症、利尿剤。
骨折やめまいなど、症状もたくさんある。

答えは薬剤性高カルシウム血症だった

ポリファーマシー、薬の不適切な多剤投与が行われていた。
患者の息子は母親の面倒を熱心に見ていて、症状があればあれやこれや病院にいき、整形外科、心療内科、皮膚科、耳鼻科、リハビリテーション科、健康診断、内科、訪問診療とスケジュールはいっぱいだった。
(家も大きくお金持ちだしね)

ここで訪問診療をするかかりつけ医が知らない間に他の病院から大量の薬を飲んでいた。

骨粗鬆症の薬と利尿剤が原因

体内のカルシウム量が足りているのに、骨粗鬆症の薬にビタミンD製剤、利尿剤を飲んでいた。
利尿剤はカルシウムの排泄を抑えるらしい。

高齢者になると老化と病気が重なり合っている。
老化は病気ではない。

関連記事

no image

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄

記事を読む

no image

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

食事介助のポイント 生活にリズム・歯を

記事を読む

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なの

記事を読む

no image

放置された高齢者が通報で介護サービスを受けるようになるまで

子供の虐待は警察に通報だ。 高齢者の虐

記事を読む

no image

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

no image

認知症のトイレ立ち座りに便利な方法とオムツの選び方

お年よりは足腰が弱るとトイレを利用するの

記事を読む

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

患者さんが住宅改築の相談に居宅介護サービ

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑