高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンがなしだったので要点のみです。
高齢者の訪問診療。
会話しない、食べない、昼間も覚醒してない寝ぼけている感じ、易疲労。多飲多尿である。
私も高齢者向け病院の受付をしているので、確定病名が気になりテレビを見てました。

胃がん術後、骨粗鬆症、利尿剤。
骨折やめまいなど、症状もたくさんある。

答えは薬剤性高カルシウム血症だった

ポリファーマシー、薬の不適切な多剤投与が行われていた。
患者の息子は母親の面倒を熱心に見ていて、症状があればあれやこれや病院にいき、整形外科、心療内科、皮膚科、耳鼻科、リハビリテーション科、健康診断、内科、訪問診療とスケジュールはいっぱいだった。
(家も大きくお金持ちだしね)

ここで訪問診療をするかかりつけ医が知らない間に他の病院から大量の薬を飲んでいた。

骨粗鬆症の薬と利尿剤が原因

体内のカルシウム量が足りているのに、骨粗鬆症の薬にビタミンD製剤、利尿剤を飲んでいた。
利尿剤はカルシウムの排泄を抑えるらしい。

高齢者になると老化と病気が重なり合っている。
老化は病気ではない。

関連記事

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

no image
絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組でやっていました。 豆腐に

→もっと見る

PAGE TOP ↑