高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンがなしだったので要点のみです。
高齢者の訪問診療。
会話しない、食べない、昼間も覚醒してない寝ぼけている感じ、易疲労。多飲多尿である。
私も高齢者向け病院の受付をしているので、確定病名が気になりテレビを見てました。

胃がん術後、骨粗鬆症、利尿剤。
骨折やめまいなど、症状もたくさんある。

答えは薬剤性高カルシウム血症だった

ポリファーマシー、薬の不適切な多剤投与が行われていた。
患者の息子は母親の面倒を熱心に見ていて、症状があればあれやこれや病院にいき、整形外科、心療内科、皮膚科、耳鼻科、リハビリテーション科、健康診断、内科、訪問診療とスケジュールはいっぱいだった。
(家も大きくお金持ちだしね)

ここで訪問診療をするかかりつけ医が知らない間に他の病院から大量の薬を飲んでいた。

骨粗鬆症の薬と利尿剤が原因

体内のカルシウム量が足りているのに、骨粗鬆症の薬にビタミンD製剤、利尿剤を飲んでいた。
利尿剤はカルシウムの排泄を抑えるらしい。

高齢者になると老化と病気が重なり合っている。
老化は病気ではない。

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

→もっと見る

PAGE TOP ↑