老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄ケア。
ときにはおむつをはぎ取る。垂れ流すなどの悩みも聞かれ、在宅を諦める最大の要因といえそうだ。
一方で高齢者入居施設や特別養護老人ホームなどではおむつをできるだけ減らすのが最近の傾向。
プロが行う事前のケアの技を聞いた。

認知症の人の排泄誘導のヒント

本人の尿意・便意に周囲が気づく(気づき)

同じ場所へ何度も行く
暗いところへ行く
ゴミ箱を探す
外へ出たがる
腰を揺する、そわそわする
机の端をぎゅっと握る
手でおなか辺りをおさえてごそごそする
おならをする

トイレへ誘う(誘い方)

排尿のリズムを知る
盆栽をいじりましょう、散歩に行きましょうなど本人が立ち上がる気になる言葉で誘う

トイレに20分程度座っていて貰う

便座にクッションを置き、苦痛なく座ってられるようにする
転んだり、ずり落ちたりと危ないので放置しない
プライバシーを保ちながら、ときどき声をかけをする
床に足がつく状態であることを確認する
便座に座って前傾姿勢になれるような台を用意する

残尿を減らす

おなかの辺りに手を合って手、前屈みになってもらう
仙骨部分をさする
腹圧がかかるように笑って貰える冗談を言う
いったん立って座るとまた出る

(田中とも江施設長のアドバイス)