老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

公開日: : 療養病棟、療養型病院

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄ケア。
ときにはおむつをはぎ取る。垂れ流すなどの悩みも聞かれ、在宅を諦める最大の要因といえそうだ。
一方で高齢者入居施設や特別養護老人ホームなどではおむつをできるだけ減らすのが最近の傾向。
プロが行う事前のケアの技を聞いた。

認知症の人の排泄誘導のヒント

本人の尿意・便意に周囲が気づく(気づき)

同じ場所へ何度も行く
暗いところへ行く
ゴミ箱を探す
外へ出たがる
腰を揺する、そわそわする
机の端をぎゅっと握る
手でおなか辺りをおさえてごそごそする
おならをする

トイレへ誘う(誘い方)

排尿のリズムを知る
盆栽をいじりましょう、散歩に行きましょうなど本人が立ち上がる気になる言葉で誘う

トイレに20分程度座っていて貰う

便座にクッションを置き、苦痛なく座ってられるようにする
転んだり、ずり落ちたりと危ないので放置しない
プライバシーを保ちながら、ときどき声をかけをする
床に足がつく状態であることを確認する
便座に座って前傾姿勢になれるような台を用意する

残尿を減らす

おなかの辺りに手を合って手、前屈みになってもらう
仙骨部分をさする
腹圧がかかるように笑って貰える冗談を言う
いったん立って座るとまた出る

(田中とも江施設長のアドバイス)

関連記事

no image

食べる機能、舌が衰えて滑舌が悪くなり誤嚥に

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学の

記事を読む

no image

認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う

ここまでする必要ある? ここまでできる

記事を読む

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なの

記事を読む

no image

ミキサー違う、酵素で原型のまま風味を楽しめる介護食事NHK

朝のNHKニュースでありましたが、最近の

記事を読む

no image

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサ

記事を読む

no image

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンが

記事を読む

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。 早期から患者家族

記事を読む

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

→もっと見る

PAGE TOP ↑