親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

公開日: : 療養病棟、療養型病院

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。
おむつをつけるわけだが、これが結構漏れる。
漏れると臭くなるし、布団も汚れる。

やる気がなくなり慢性的な介護現場だと独特の異臭が漂う。
そうならないためにもおむつ替えは重要。

特に優しい介護者(娘、息子、嫁)だと、おむつで締め付けるのは可愛そうと思いがちだがそうではない。

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
おむつを緩めてつけると、尿や便が漏れやすくなる。
これがストレスのひきがねでもあるし、
逆に、おむつが緩いほうがつけてもらっている側にとっても不快。
緩いよりも締めつけがきついほうが、フィットして着心地がいい。

股間にギュッとしっかり引き上げ股間にフィット。
これで尿が漏れにくくなる。

赤ちゃんなら可愛いものだが親を介護する側にとってストレスは地獄であり、日常から切り離された介護の日々というのは辛いもの。
尿が漏れるというのが頻繁にあるなら、日々介護の中で少しでもストレスが減るのなら、紙おむつを強く締めてつけることから始めていただきたい。

関連記事

no image

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

食事介助のポイント 生活にリズム・歯を

記事を読む

no image

認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う

ここまでする必要ある? ここまでできる

記事を読む

no image

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事

記事を読む

no image

認知症のトイレ立ち座りに便利な方法とオムツの選び方

お年よりは足腰が弱るとトイレを利用するの

記事を読む

no image

中心静脈、経鼻胃管でチューブから感染で敗血症で死亡も

過剰な胃ろうの拒否反応に困惑も。 胃ろ

記事を読む

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

患者さんが住宅改築の相談に居宅介護サービ

記事を読む

no image

フシジンが効く理由は皮膚科の先生の趣味?

フシジンが効く理由は、なんでも治療が長引

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。 早期から患者家族

記事を読む

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑