「 療養病棟、療養型病院 」 一覧

延命、療養に関わる、現代の延命治療を行く、療養病棟での出来事や処置例などを記載します。

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。 早期から患者家族にケアをすること。 緩和ケアとは、痛みとって苦痛とって不安をとれば楽しく過ごせるじゃないですか。 身体的痛みや精神的苦痛をとり、治療の初期段階から行われる。

続きを見る

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事さです。 医療事務も看護師や医者と同じく、患者がお亡くなりになればお見送りします。 救急病院なんかは忙しいので、救急外来や病室で亡くなるとすぐに霊安室へ回さ

続きを見る

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサービスの患者さんの話。 認知症だけどまだそこまで進んでおらず歩ける人。 ただ亭主関白だったのか奥さんが身の回りのことをすべてするので、本人は何もできないって

続きを見る

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期が迫った患者への対応に関し、日本救急医学会と日本集中治療医学会、日本循環器学会は、延命治療を中止する際の手続きを明文化した「救急・集中治療における終末期医療に関

続きを見る

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンがなしだったので要点のみです。 高齢者の訪問診療。 会話しない、食べない、昼間も覚醒してない寝ぼけている感じ、易疲労。多飲多尿である。 私も高齢者向け病院の

続きを見る

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

患者さんが住宅改築の相談に居宅介護サービスに来ていた。 横から話を聞いていると、家の中に手すりをつけて大体、20万で1割の2万円負担ぐらいですと説明してた。 必ず事前申請が必要で、要支援1と2

続きを見る

認知症のトイレ立ち座りに便利な方法とオムツの選び方

お年よりは足腰が弱るとトイレを利用するのが大変になる。 トイレ内で体を支える福祉用具を使ったり、時にはオムツを使ったりしながら無理のない介護をしたい。 京都府に住む68歳女性は母92歳の排泄に

続きを見る

胃ろうは鼻から管より飲み込みやすい食事リハビリで病院を評価

「口から食事」回復に診療報酬で評価へ 厚生労働省は、平成26年度の診療報酬改定で、胃ろうの患者にリハビリを実施し、口からの食事ができるまでに回復させた医療機関に診療報酬上の評価を行う方針。 ど

続きを見る

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても作らなくても穏やかな看取りはできます。 月山、鳥海山を望む山形県鶴岡市の鶴岡共立病院の副院長、髙橋美香子先生はそう強調する。 内視鏡を使って2000件以上、

続きを見る

認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う

ここまでする必要ある? ここまでできるから認知症施設のプロなのかもしれない。 認知症のトイレに誘う方法をケアホーム西大井こうほうえんという施設の取組みが、H26.1.16の産経新聞で取り上げられて

続きを見る

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄ケア。 ときにはおむつをはぎ取る。垂れ流すなどの悩みも聞かれ、在宅を諦める最大の要因といえそうだ。 一方で高齢者入居施設や特別養護老人ホームなどではおむつを

続きを見る

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑