「 療養病棟、療養型病院 」 一覧

延命、療養に関わる、現代の延命治療を行く、療養病棟での出来事や処置例などを記載します。

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンがなしだったので要点のみです。 高齢者の訪問診療。 会話しない、食べない、昼間も覚醒してない寝ぼけている感じ、易疲労。多飲多尿である。 私も高齢者向け病院の

続きを見る

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

患者さんが住宅改築の相談に居宅介護サービスに来ていた。 横から話を聞いていると、家の中に手すりをつけて大体、20万で1割の2万円負担ぐらいですと説明してた。 必ず事前申請が必要で、要支援1と2

続きを見る

認知症のトイレ立ち座りに便利な方法とオムツの選び方

お年よりは足腰が弱るとトイレを利用するのが大変になる。 トイレ内で体を支える福祉用具を使ったり、時にはオムツを使ったりしながら無理のない介護をしたい。 京都府に住む68歳女性は母92歳の排泄に

続きを見る

胃ろうは鼻から管より飲み込みやすい食事リハビリで病院を評価

「口から食事」回復に診療報酬で評価へ 厚生労働省は、平成26年度の診療報酬改定で、胃ろうの患者にリハビリを実施し、口からの食事ができるまでに回復させた医療機関に診療報酬上の評価を行う方針。 ど

続きを見る

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても作らなくても穏やかな看取りはできます。 月山、鳥海山を望む山形県鶴岡市の鶴岡共立病院の副院長、髙橋美香子先生はそう強調する。 内視鏡を使って2000件以上、

続きを見る

認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う

ここまでする必要ある? ここまでできるから認知症施設のプロなのかもしれない。 認知症のトイレに誘う方法をケアホーム西大井こうほうえんという施設の取組みが、H26.1.16の産経新聞で取り上げられて

続きを見る

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄ケア。 ときにはおむつをはぎ取る。垂れ流すなどの悩みも聞かれ、在宅を諦める最大の要因といえそうだ。 一方で高齢者入居施設や特別養護老人ホームなどではおむつを

続きを見る

中心静脈、経鼻胃管でチューブから感染で敗血症で死亡も

過剰な胃ろうの拒否反応に困惑も。 胃ろうが適するのに、本人や家族が拒み、鼻から管を入れたり、 点滴をしたりして長期に栄養補給するケースが増えた。全く本末転倒ですよ。 三重県津市にある、榊原白鳳病

続きを見る

モルヒネ麻薬死ぬ人に依存症とか副作用ではなく苦しまずに死ねるかが重要

モルヒネ医療麻薬 保険適応の拡大必要 医療用麻薬モルヒネについて、愛知県の国立長寿医療研究センター、緩和ケア診療部医師西川先生。 モルヒネやオキシコンチン、オキノームは、がんが周りに広がっている時

続きを見る

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑