認知症のトイレ立ち座りに便利な方法とオムツの選び方

公開日: : 最終更新日:2014/02/25 療養病棟、療養型病院

お年よりは足腰が弱るとトイレを利用するのが大変になる。
トイレ内で体を支える福祉用具を使ったり、時にはオムツを使ったりしながら無理のない介護をしたい。

京都府に住む68歳女性は母92歳の排泄に悩んでいる。
母は要介護3で介助すればトイレまでいけるが、部屋から遠く、トイレでの立ち座りにも苦労する。
女性は最近オムツを使うことが増えた、このままでは認知症と寝たきりになるのでは?と心配する。

毎日トイレに行くことは立ったり座ったり歩いたりという生活の基本動作を繰り返すこと。
高齢生活研究所の所長浜田きよ子さんは、本人の自立を保つことに繋がると指摘する。
室内の移動を楽にするのは廊下に手すりをつけたり段差をなくしたりする住宅改修が効果的。
さらにトイレ内で使える福祉用具もあるので上手に活用してみてと話す。

具体的な手法については以下の記載

認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う
老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

便利な肘置き付手すり

トイレで立ち座りするのに苦労する場合には姿勢保持手すりがおすすめ。
これは便座の前に設置する、肘置き付手すり。
持ち運びできるタイプは、ベッドのそばのポータブルトイレまで運んで使うことも出来る。
肘置きに手をついて体重をかけることで立ったり座ったりがしやすくなる。
便座に座ったときには肘をついて前かがみの姿勢になることで、腹に力が入っていきみやすくなる。
介護保険を利用してレンタルできるのでケアマネージャーに相談するといい。

便利なU字型クッション

授乳用として販売されているU字型クッションも役立つ。
体の前方から腹回りにはめるようにつける。
クッションに肘を乗せると前かがみの姿勢をとりやすくなり、排便が楽になる。

紙おむつも体の状態や介助に応じて選ぶ

ただトイレ介助は昼夜にわたり回数も多い。
何が何でもトイレに連れて行こうと意気込むと本人にも介護する家族にも負担がかかりすぎる。
状況に応じて尿取りパッドやおむつなどを併用し、無理のない範囲で介護することが大切。

例えば夜間はベッドで瓶を使ったり、おむつをつけたりすれば本人と家族の睡眠時間を確保しやすい。
普段から尿取りパッドをつけておけば、便座に移るのに手間取ってもらしてしまっても両者のストレスは小さくて済む。

体の状態や介助する状況に応じて適切なオムツを選びましょう。
大人用オムツは、パンツ型とテープで止めるタイプに大別される。
トイレを使う人なら下着のように上げ下げできるパンツ型が便利。
寝たまま交換する場合はテープ留めタイプが使いやすい。

漏れないように尿取りバッド重付けに注意

尿取りパッドも重ねてつける場合には使い方にも注意したい。
漏れないようにとパッドを何枚も重ねたり、おむつに対して大きすぎるパッドを選んだりすると、
オムツの横漏れ防止のひだを押しつぶしてしまい逆効果だ。

関連記事

no image

胃ろうは鼻から管より飲み込みやすい食事リハビリで病院を評価

「口から食事」回復に診療報酬で評価へ

記事を読む

no image

食べる機能、舌が衰えて滑舌が悪くなり誤嚥に

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学の

記事を読む

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

no image

放置された高齢者が通報で介護サービスを受けるようになるまで

子供の虐待は警察に通報だ。 高齢者の虐

記事を読む

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なの

記事を読む

no image

中心静脈、経鼻胃管でチューブから感染で敗血症で死亡も

過剰な胃ろうの拒否反応に困惑も。 胃ろ

記事を読む

no image

モルヒネ麻薬死ぬ人に依存症とか副作用ではなく苦しまずに死ねるかが重要

モルヒネ医療麻薬 保険適応の拡大必要

記事を読む

no image

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄

記事を読む

no image

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンが

記事を読む

no image

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

食事介助のポイント 生活にリズム・歯を

記事を読む

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑