余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

公開日: : 療養病棟、療養型病院

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられない病気の患者とその家族に痛みや苦しみを和らげることを目的とするケアのことです。
痛みや食欲不振、全身倦怠感、呼吸苦など身体的な苦痛だけでなく、悩みや不安、生きがい喪失といった心の症状を緩和するため、医師や看護師、ソーシャルワーカMSWなどがチームとしてケアにあたる。

日本ホスピス緩和ケア研究振興財団の平成24年の意識調査によると、末期がんで余命1~2ヶ月になれば、自宅で療養し、必要になればホスピス病棟や緩和ケア病棟に入院したいと回答した人が38.7%(約4割)もいた。
しかし、厚生労働省の人口動態統計によると、がんを患い、自宅や緩和ケア病棟で23年に亡くなった人はそれぞれ8%程度。
ほとんどの人は緩和ケアを受けることなく病院の一般病棟で亡くなっている。

原因のひとつに提供施設の不足がある。
緩和ケアを導入する施設は急増しているものの、日本ホスピス緩和ケア協会によると、昨年平成26年11月現在で緩和ケア病棟は321病院。
病床数は6421床にとどまる。
また、緩和ケアチームも215箇所にとどまっている。
地方病院では専門知識や技術を持つ、医師や看護師が不足し、緩和ケア病棟を新設しても医療スタッフが集まらないという事態も生じているという。

以前緩和ケアの療養型病院で働いていましたが、療養病棟は常にいっぱいで入りたいからといって入院できません。
療養病棟は、気管切開や障がい者など、ADLが最高得点で点数が高く取れる患者を長期入院する傾向にあります。
儲かる患者を入院させないと病院もやっていけないからですね。
ADLが満点の患者は家に帰れません。
死ぬまで病院にいるわけですからベッドも空きません。

働く側としても、閉鎖感がある非常に仕事がしにくい、働いている人たちの性格も悪い場合も多く、
私は緩和ケア病棟を持つ病院に入院したくはないなと思っています。
やっぱり、地域医療を頑張る病院、頑張るクリニックの先生や看護師と一緒に自宅で最後を迎えたいですね。

緩和ケアで寿命が伸びる
苦しまずに死ねるかが重要

関連記事

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑