低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの一つ。
高齢者の栄養評価を緒こなし、
1.栄養状態の改善
2.食事の形状や調理方法
3.食べる体勢などをアドバイスする。

日本在宅栄養管理学会は、
例えば飲み込みが悪い場合、小さく切るだけでは逆に食べにくい。
咀嚼や嚥下の状態に合わせて食品をミキサーにかけて固めるのか、刻んでとろみをつけるのか、適した形状をアドバイスします。

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

低栄養だと床ずれになりやすく、入院の可能性も高まる。
食事指導に工夫が必要なのは、食べたり飲んだりするとむせる、
食べたり飲んだりしたがらない、
脱水や肺炎で入退院を繰り返す
むくみがひどい
下痢、便秘が酷い
床ずれがあるなどの人。

管理栄養士の訪問指導は浸透しておらず、地域も限定されるが、受けたい場合は主治医やケアマネージャーに相談する。

ある老人ホームで働くソーシャルワーカーに話を聞いたことがあるのですが、老人ホームのサービスって言うのは、都市病院のサービスよりも断然レベルが高いなという印象。
職員も、都市病院ならソーシャルワーカーなんて資格なしでできる仕事ですが、地方の施設では資格は必須。
しかも資格は持っている量がものを言うらしいです。
都市にある総合病院で働くとただ忙しいだけの毎日ですが、地方ではまた違った働き方なんだなと思いました。