低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

公開日: : 療養病棟、療養型病院

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの一つ。
高齢者の栄養評価を緒こなし、
1.栄養状態の改善
2.食事の形状や調理方法
3.食べる体勢などをアドバイスする。

日本在宅栄養管理学会は、
例えば飲み込みが悪い場合、小さく切るだけでは逆に食べにくい。
咀嚼や嚥下の状態に合わせて食品をミキサーにかけて固めるのか、刻んでとろみをつけるのか、適した形状をアドバイスします。

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

低栄養だと床ずれになりやすく、入院の可能性も高まる。
食事指導に工夫が必要なのは、食べたり飲んだりするとむせる、
食べたり飲んだりしたがらない、
脱水や肺炎で入退院を繰り返す
むくみがひどい
下痢、便秘が酷い
床ずれがあるなどの人。

管理栄養士の訪問指導は浸透しておらず、地域も限定されるが、受けたい場合は主治医やケアマネージャーに相談する。

ある老人ホームで働くソーシャルワーカーに話を聞いたことがあるのですが、老人ホームのサービスって言うのは、都市病院のサービスよりも断然レベルが高いなという印象。
職員も、都市病院ならソーシャルワーカーなんて資格なしでできる仕事ですが、地方の施設では資格は必須。
しかも資格は持っている量がものを言うらしいです。
都市にある総合病院で働くとただ忙しいだけの毎日ですが、地方ではまた違った働き方なんだなと思いました。

関連記事

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image

認知症は病院で悪化も。介護疲れに入院やデイサービスを使う

患者のプライドを保つ。 認知症に対する

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。 早期から患者家族

記事を読む

no image

放置された高齢者が通報で介護サービスを受けるようになるまで

子供の虐待は警察に通報だ。 高齢者の虐

記事を読む

no image

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンが

記事を読む

no image

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事

記事を読む

no image

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄

記事を読む

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

no image
減量でゼローダ単剤は副作用が少ない。仕事しながら化学療法

61歳の夫は3ヶ月前腹腔鏡下手術で大腸がん(横行結腸部)を切除しました

no image
突然死、AEDで胸毛あるとき抜いて電極を張るの?

不整脈とは脈拍が不規則になること 心臓は1分間60~100回一定

→もっと見る

PAGE TOP ↑