田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

公開日: : 療養病棟、療養型病院

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が働く老人向け病院のデイサービスはあまり繁盛してない。
多い日で15人ぐらい、平均7人ぐらい。
田舎に応援経験のある高齢の先生に聞くと、田舎の病院のデイサービスは利用者がいっぱいらしい。

訪問診療でも訪問介護でもない、病院の送迎車が病院に運ぶサービス

在宅で寝たきりのじいちゃんばあちゃんがデイサービスを利用する。
田舎では家族が収穫の時期は忙しくなるので介護できない。
病院が患者を寝たままデイサービスまで運ぶらしい。
ある病院では毎日50人近くの利用者であふれかえるらしい。

胃瘻の患者が5~10人ぐらいいるらしい。
うちは1人だ。看護師1人しかいないし…

地方にある病院なんて、私が働く病院とおそらく同規模。
都会と地方では全然違う。
患者を取り入れることが難しい都市よりも医療過疎地だが多くが住む地方の方が病院っていうのはうまく儲かるかもしれない。
という話を聞きました。

デイサービスを抱える病院の本来の姿だなぁと思います

入院患者を持ち、入院寸前の在宅患者などをデイサービスで持ち、
万が一病床が開いてもすぐ確保できる患者をいつでも抱えておける、
火縄銃の三段撃ちのような形ができる地方の病院は安泰なのかもしれません。

都会だと患者の取り合いになりますからね。
しかも3ヶ月で終わりですと、自宅に帰す、転院させる。
田舎だと家に帰っても無理やり病院に運んだりして、手厚いサービスを受けられる。
都会なら面倒でやらないことできないことが田舎ではできる。

訪問診療や訪問看護ではなく、病院の送迎者が無理やり患者を病院に運ぶサービス。
患者の家族も預かって貰う間畑仕事もできるし、いいサービスですね。

関連記事

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

no image

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサ

記事を読む

no image

食べる機能、舌が衰えて滑舌が悪くなり誤嚥に

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学の

記事を読む

no image

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの

記事を読む

no image

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

no image

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事

記事を読む

no image

モルヒネ麻薬死ぬ人に依存症とか副作用ではなく苦しまずに死ねるかが重要

モルヒネ医療麻薬 保険適応の拡大必要

記事を読む

no image

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

食事介助のポイント 生活にリズム・歯を

記事を読む

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。 早期から患者家族

記事を読む

no image
T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグの尿検査で異常があり泌尿器科を

no image
腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉がでてましたね。 テレビCM

no image
卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

→もっと見る

PAGE TOP ↑