田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

公開日: : 療養病棟、療養型病院

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が働く老人向け病院のデイサービスはあまり繁盛してない。
多い日で15人ぐらい、平均7人ぐらい。
田舎に応援経験のある高齢の先生に聞くと、田舎の病院のデイサービスは利用者がいっぱいらしい。

訪問診療でも訪問介護でもない、病院の送迎車が病院に運ぶサービス

在宅で寝たきりのじいちゃんばあちゃんがデイサービスを利用する。
田舎では家族が収穫の時期は忙しくなるので介護できない。
病院が患者を寝たままデイサービスまで運ぶらしい。
ある病院では毎日50人近くの利用者であふれかえるらしい。

胃瘻の患者が5~10人ぐらいいるらしい。
うちは1人だ。看護師1人しかいないし…

地方にある病院なんて、私が働く病院とおそらく同規模。
都会と地方では全然違う。
患者を取り入れることが難しい都市よりも医療過疎地だが多くが住む地方の方が病院っていうのはうまく儲かるかもしれない。
という話を聞きました。

デイサービスを抱える病院の本来の姿だなぁと思います

入院患者を持ち、入院寸前の在宅患者などをデイサービスで持ち、
万が一病床が開いてもすぐ確保できる患者をいつでも抱えておける、
火縄銃の三段撃ちのような形ができる地方の病院は安泰なのかもしれません。

都会だと患者の取り合いになりますからね。
しかも3ヶ月で終わりですと、自宅に帰す、転院させる。
田舎だと家に帰っても無理やり病院に運んだりして、手厚いサービスを受けられる。
都会なら面倒でやらないことできないことが田舎ではできる。

訪問診療や訪問看護ではなく、病院の送迎者が無理やり患者を病院に運ぶサービス。
患者の家族も預かって貰う間畑仕事もできるし、いいサービスですね。

関連記事

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

→もっと見る

PAGE TOP ↑