聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 療養病棟、療養型病院

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説明は4人に1人が理解できないそうです。
高齢化の影響などで4人に1人、約25%のがん患者が主治医から受けた治療の目的、抗がん剤の副作用などの説明内容について理解してしない事が厚生労働省研究班の調査でわかったそうです。

わかりやすい説明の方法や患者・家族を支援する看護師の配置を進める必要がある。

がん診療の国の中心的な病院である国立癌研究センター東病院、精神腫瘍科の小川先生のグループが、治療チームの説明を受けた肺がん患者114人に面談し理解度を判定したと。

聞いてない高齢者は半数に認知症の疑いがあった

24%にあたる27人は化学療法や放射線療法はがんを完全に治すことが難しく、がんと共存していく必要があるなどの点を理解していなかった。
また治療の副作用で感染症にかかりやすくなったり、吐き気などの症状が表れたりすることを聞いていないと答えた。
この27人のうち15人は認知機能検査の値が正常より低く、認知症の疑いがあった。

一方説明を行った医師に調査した所、8割が理解していると思っていた。
医療現場は多忙で患者が理解した程度を確認する余裕がない面がある。
患者、家族に働きかけて再度説明を行う看護師の配置などを検討する必要があると話している。

後悔して実感しないとわからない人が多い→聞いてないの返事

私も含めて一般人、大衆、特に頭がいいとは言えない人は、自分の身に降りかかる災難は、降りかかってから出ないと後悔できない。
主治医からの説明を受けていたとしても、覚えていないというのは、
結局理解していないから、自分の事だと思っていないから覚えていないといえると思います。

子供のような感じなんですが、年をとると子供のようになるというし、頭も固くなって、新しくて難しい話を理解できずついていけない。

でも自分は大事なので、驚愕の事実を伝えられたとき、その事実が身に降りかかったとき、責任転嫁をしてしまうのかもしれない。
なかなか、一般人に勉強して理解しろというのは高齢者なら尚難しいと思う。
このシュミレーションゲームのような事前説明を理解できる仕組みというのが求められる。

関連記事

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なの

記事を読む

no image

胃ろうは鼻から管より飲み込みやすい食事リハビリで病院を評価

「口から食事」回復に診療報酬で評価へ

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

no image

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

食事介助のポイント 生活にリズム・歯を

記事を読む

no image

認知症は病院で悪化も。介護疲れに入院やデイサービスを使う

患者のプライドを保つ。 認知症に対する

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

認知症の人のケアで難しいとされるのが排泄

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

no image

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサ

記事を読む

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

no image
障害者手帳を更新したいけど書いてくれる先生がいない

医療事務の仕事をしていて、障害者手帳を更新したい。 当院退院後3年間

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

→もっと見る

PAGE TOP ↑