聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 療養病棟、療養型病院

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説明は4人に1人が理解できないそうです。
高齢化の影響などで4人に1人、約25%のがん患者が主治医から受けた治療の目的、抗がん剤の副作用などの説明内容について理解してしない事が厚生労働省研究班の調査でわかったそうです。

わかりやすい説明の方法や患者・家族を支援する看護師の配置を進める必要がある。

がん診療の国の中心的な病院である国立癌研究センター東病院、精神腫瘍科の小川先生のグループが、治療チームの説明を受けた肺がん患者114人に面談し理解度を判定したと。

聞いてない高齢者は半数に認知症の疑いがあった

24%にあたる27人は化学療法や放射線療法はがんを完全に治すことが難しく、がんと共存していく必要があるなどの点を理解していなかった。
また治療の副作用で感染症にかかりやすくなったり、吐き気などの症状が表れたりすることを聞いていないと答えた。
この27人のうち15人は認知機能検査の値が正常より低く、認知症の疑いがあった。

一方説明を行った医師に調査した所、8割が理解していると思っていた。
医療現場は多忙で患者が理解した程度を確認する余裕がない面がある。
患者、家族に働きかけて再度説明を行う看護師の配置などを検討する必要があると話している。

後悔して実感しないとわからない人が多い→聞いてないの返事

私も含めて一般人、大衆、特に頭がいいとは言えない人は、自分の身に降りかかる災難は、降りかかってから出ないと後悔できない。
主治医からの説明を受けていたとしても、覚えていないというのは、
結局理解していないから、自分の事だと思っていないから覚えていないといえると思います。

子供のような感じなんですが、年をとると子供のようになるというし、頭も固くなって、新しくて難しい話を理解できずついていけない。

でも自分は大事なので、驚愕の事実を伝えられたとき、その事実が身に降りかかったとき、責任転嫁をしてしまうのかもしれない。
なかなか、一般人に勉強して理解しろというのは高齢者なら尚難しいと思う。
このシュミレーションゲームのような事前説明を理解できる仕組みというのが求められる。

関連記事

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑