聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 療養病棟、療養型病院

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説明は4人に1人が理解できないそうです。
高齢化の影響などで4人に1人、約25%のがん患者が主治医から受けた治療の目的、抗がん剤の副作用などの説明内容について理解してしない事が厚生労働省研究班の調査でわかったそうです。

わかりやすい説明の方法や患者・家族を支援する看護師の配置を進める必要がある。

がん診療の国の中心的な病院である国立癌研究センター東病院、精神腫瘍科の小川先生のグループが、治療チームの説明を受けた肺がん患者114人に面談し理解度を判定したと。

聞いてない高齢者は半数に認知症の疑いがあった

24%にあたる27人は化学療法や放射線療法はがんを完全に治すことが難しく、がんと共存していく必要があるなどの点を理解していなかった。
また治療の副作用で感染症にかかりやすくなったり、吐き気などの症状が表れたりすることを聞いていないと答えた。
この27人のうち15人は認知機能検査の値が正常より低く、認知症の疑いがあった。

一方説明を行った医師に調査した所、8割が理解していると思っていた。
医療現場は多忙で患者が理解した程度を確認する余裕がない面がある。
患者、家族に働きかけて再度説明を行う看護師の配置などを検討する必要があると話している。

後悔して実感しないとわからない人が多い→聞いてないの返事

私も含めて一般人、大衆、特に頭がいいとは言えない人は、自分の身に降りかかる災難は、降りかかってから出ないと後悔できない。
主治医からの説明を受けていたとしても、覚えていないというのは、
結局理解していないから、自分の事だと思っていないから覚えていないといえると思います。

子供のような感じなんですが、年をとると子供のようになるというし、頭も固くなって、新しくて難しい話を理解できずついていけない。

でも自分は大事なので、驚愕の事実を伝えられたとき、その事実が身に降りかかったとき、責任転嫁をしてしまうのかもしれない。
なかなか、一般人に勉強して理解しろというのは高齢者なら尚難しいと思う。
このシュミレーションゲームのような事前説明を理解できる仕組みというのが求められる。

関連記事

no image

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの

記事を読む

no image

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンが

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

ミキサー違う、酵素で原型のまま風味を楽しめる介護食事NHK

朝のNHKニュースでありましたが、最近の

記事を読む

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

患者さんが住宅改築の相談に居宅介護サービ

記事を読む

no image

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサ

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。 早期から患者家族

記事を読む

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑