聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 療養病棟、療養型病院

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説明は4人に1人が理解できないそうです。
高齢化の影響などで4人に1人、約25%のがん患者が主治医から受けた治療の目的、抗がん剤の副作用などの説明内容について理解してしない事が厚生労働省研究班の調査でわかったそうです。

わかりやすい説明の方法や患者・家族を支援する看護師の配置を進める必要がある。

がん診療の国の中心的な病院である国立癌研究センター東病院、精神腫瘍科の小川先生のグループが、治療チームの説明を受けた肺がん患者114人に面談し理解度を判定したと。

聞いてない高齢者は半数に認知症の疑いがあった

24%にあたる27人は化学療法や放射線療法はがんを完全に治すことが難しく、がんと共存していく必要があるなどの点を理解していなかった。
また治療の副作用で感染症にかかりやすくなったり、吐き気などの症状が表れたりすることを聞いていないと答えた。
この27人のうち15人は認知機能検査の値が正常より低く、認知症の疑いがあった。

一方説明を行った医師に調査した所、8割が理解していると思っていた。
医療現場は多忙で患者が理解した程度を確認する余裕がない面がある。
患者、家族に働きかけて再度説明を行う看護師の配置などを検討する必要があると話している。

後悔して実感しないとわからない人が多い→聞いてないの返事

私も含めて一般人、大衆、特に頭がいいとは言えない人は、自分の身に降りかかる災難は、降りかかってから出ないと後悔できない。
主治医からの説明を受けていたとしても、覚えていないというのは、
結局理解していないから、自分の事だと思っていないから覚えていないといえると思います。

子供のような感じなんですが、年をとると子供のようになるというし、頭も固くなって、新しくて難しい話を理解できずついていけない。

でも自分は大事なので、驚愕の事実を伝えられたとき、その事実が身に降りかかったとき、責任転嫁をしてしまうのかもしれない。
なかなか、一般人に勉強して理解しろというのは高齢者なら尚難しいと思う。
このシュミレーションゲームのような事前説明を理解できる仕組みというのが求められる。

関連記事

no image

モルヒネ麻薬死ぬ人に依存症とか副作用ではなく苦しまずに死ねるかが重要

モルヒネ医療麻薬 保険適応の拡大必要

記事を読む

no image

放置された高齢者が通報で介護サービスを受けるようになるまで

子供の虐待は警察に通報だ。 高齢者の虐

記事を読む

no image

食べる機能、舌が衰えて滑舌が悪くなり誤嚥に

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学の

記事を読む

no image

中心静脈、経鼻胃管でチューブから感染で敗血症で死亡も

過剰な胃ろうの拒否反応に困惑も。 胃ろ

記事を読む

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサ

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンが

記事を読む

no image

ミキサー違う、酵素で原型のまま風味を楽しめる介護食事NHK

朝のNHKニュースでありましたが、最近の

記事を読む

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

no image
減量でゼローダ単剤は副作用が少ない。仕事しながら化学療法

61歳の夫は3ヶ月前腹腔鏡下手術で大腸がん(横行結腸部)を切除しました

no image
突然死、AEDで胸毛あるとき抜いて電極を張るの?

不整脈とは脈拍が不規則になること 心臓は1分間60~100回一定

→もっと見る

PAGE TOP ↑