一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

公開日: : 療養病棟、療養型病院

食事介助のポイント

生活にリズム・歯を治療・食べやすい姿勢

  • 高齢者は椅子に深く腰掛け、床に両足をつけて座ってもらう。やや前かがみで顎を引くといい
  • 介助者は前ではなく横の位置に座る
  • 一口分は少なめに
  • 飲み込みにくい食べ物と汁物やお茶は交互に
  • 一口ごとに飲み込んだことを確認してから次の一口
  • 適切なとろみをつける

日中は可能な範囲で体を動かす

1日動かなければお腹もすかない。
朝起きたら顔を洗って着替える。散歩をするなど。

歯の治療で食べれるようになる

面倒と言って治療しないから思うように食べられない高齢者も。
歯を治療し炒ればを作り直したりすれば食べたいものが食べれるようになり食欲にも繋がる。

食べやすい姿勢

誤嚥、食べ物が気管に入りむせるのを防ぐため、
深く腰掛け姿勢に気をつけて食卓について食べるのが好ましい。
足は床につけて、やや前かがみで顎をひいてもらう。

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

水やお茶などをタイミングよく飲み込めないと気管に入ってむせることもある。
市販のとろみ剤でとろみをつけると飲み込みやすくなる。
使用方法が異なることがあるので購入したパッケージの説明文をきちんと読むようにしたい。
また、水やお茶に比べ、牛乳や流動食はとろみがつきにくいなど特性を知っておけば使いやすい。
とろみ剤は無味無臭なので料理の味が変わることはない。
特に栄養は気にせず、本人の好きなメニューを用意するのもよい。

他にもこんな記事も。
胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定
老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

関連記事

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。 早期から患者家族

記事を読む

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

介護保険でウォシュレットをつけてほしい

患者さんが住宅改築の相談に居宅介護サービ

記事を読む

no image

認知症のトイレ立ち座りに便利な方法とオムツの選び方

お年よりは足腰が弱るとトイレを利用するの

記事を読む

no image

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事

記事を読む

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image

食べる機能、舌が衰えて滑舌が悪くなり誤嚥に

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学の

記事を読む

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

no image
手術後に再発した場合救済放射線治療の可能性は?

51才の男性です。 PSA4.4、前立腺生検12本中2本(左側のみ)

→もっと見る

PAGE TOP ↑