一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

公開日: : 療養病棟、療養型病院

食事介助のポイント

生活にリズム・歯を治療・食べやすい姿勢

  • 高齢者は椅子に深く腰掛け、床に両足をつけて座ってもらう。やや前かがみで顎を引くといい
  • 介助者は前ではなく横の位置に座る
  • 一口分は少なめに
  • 飲み込みにくい食べ物と汁物やお茶は交互に
  • 一口ごとに飲み込んだことを確認してから次の一口
  • 適切なとろみをつける

日中は可能な範囲で体を動かす

1日動かなければお腹もすかない。
朝起きたら顔を洗って着替える。散歩をするなど。

歯の治療で食べれるようになる

面倒と言って治療しないから思うように食べられない高齢者も。
歯を治療し炒ればを作り直したりすれば食べたいものが食べれるようになり食欲にも繋がる。

食べやすい姿勢

誤嚥、食べ物が気管に入りむせるのを防ぐため、
深く腰掛け姿勢に気をつけて食卓について食べるのが好ましい。
足は床につけて、やや前かがみで顎をひいてもらう。

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

水やお茶などをタイミングよく飲み込めないと気管に入ってむせることもある。
市販のとろみ剤でとろみをつけると飲み込みやすくなる。
使用方法が異なることがあるので購入したパッケージの説明文をきちんと読むようにしたい。
また、水やお茶に比べ、牛乳や流動食はとろみがつきにくいなど特性を知っておけば使いやすい。
とろみ剤は無味無臭なので料理の味が変わることはない。
特に栄養は気にせず、本人の好きなメニューを用意するのもよい。

他にもこんな記事も。
胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定
老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

no image
障害者手帳を更新したいけど書いてくれる先生がいない

医療事務の仕事をしていて、障害者手帳を更新したい。 当院退院後3年間

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

→もっと見る

PAGE TOP ↑