一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

公開日: : 療養病棟、療養型病院

食事介助のポイント

生活にリズム・歯を治療・食べやすい姿勢

  • 高齢者は椅子に深く腰掛け、床に両足をつけて座ってもらう。やや前かがみで顎を引くといい
  • 介助者は前ではなく横の位置に座る
  • 一口分は少なめに
  • 飲み込みにくい食べ物と汁物やお茶は交互に
  • 一口ごとに飲み込んだことを確認してから次の一口
  • 適切なとろみをつける

日中は可能な範囲で体を動かす

1日動かなければお腹もすかない。
朝起きたら顔を洗って着替える。散歩をするなど。

歯の治療で食べれるようになる

面倒と言って治療しないから思うように食べられない高齢者も。
歯を治療し炒ればを作り直したりすれば食べたいものが食べれるようになり食欲にも繋がる。

食べやすい姿勢

誤嚥、食べ物が気管に入りむせるのを防ぐため、
深く腰掛け姿勢に気をつけて食卓について食べるのが好ましい。
足は床につけて、やや前かがみで顎をひいてもらう。

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

水やお茶などをタイミングよく飲み込めないと気管に入ってむせることもある。
市販のとろみ剤でとろみをつけると飲み込みやすくなる。
使用方法が異なることがあるので購入したパッケージの説明文をきちんと読むようにしたい。
また、水やお茶に比べ、牛乳や流動食はとろみがつきにくいなど特性を知っておけば使いやすい。
とろみ剤は無味無臭なので料理の味が変わることはない。
特に栄養は気にせず、本人の好きなメニューを用意するのもよい。

他にもこんな記事も。
胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定
老人ホームの認知症トイレの気づきと誘い方

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑