ミキサー違う、酵素で原型のまま風味を楽しめる介護食事NHK

公開日: : 療養病棟、療養型病院

朝のNHKニュースでありましたが、最近の介護食は、原型を保のに柔らかいらしい。
歯がない人や流動食などの方が食べる介護食というのは、食べものをすり下ろした物や、ペースト状にしたものを提供されます。

いわば、すべてどろどろジュースになっています。
ですから、味も悪いし見た目も悪い。
食事が食べれなくなってきた高齢者の方が、こういったいかにも不味そうな食事を提供されると、ますます食欲がなくなり衰弱してしまう。

そこで、最近の介護食は、原型を保ったまま柔らかい調理法が開発されています。
それは、酵素で柔らかくすることです。
テレビで、エビとレンコンを酵素で柔らかくした物が紹介されました。
エビもレンコンもスプーンではつぶせません。
しかし、酵素で柔らかくしてあるのは、あたかも餡子のようにスプーンで押しつぶせるぐらい柔らかくなっているのです。
しかも、味も本来の味を損なわないままです。

酵素を使って分解した食材が介護食にぴったり

原型を保ち、しかも風味も楽しめる新しい介護食です。
酵素で、食べ物が胃で半分消化されたような柔らかい状態にしているためだそうです。
酵素を食べ物に塗ると、通常酸っぱくなるのですが、いろいろな酵素を混ぜることで風味を保っているそうです。

魚の切り身なんかは、
魚をまずミキサーにかけて、それから魚の精密な型にはめ、
食品プリンターでより本物に近く見せるようにプリントする。

療養型病院では採用されていません

私の知る限り療養型病院では採用されていません。
療養型病院では嚥下訓練をする人は1割以下ですからね。
患者数の1%ぐらいといっても過言ではないです。

どんどん食欲が落ちる方もこの介護食があれば、食欲を取り戻せるでしょうね。
介護食を提供する食品加工会社や給食会社だけでなく、病院での調理場でも酵素を塗ることはできると思います。
是非療養型病院などでは、えんげ機能の改善などに役立てて欲しいアイデアだと思います。
酵素の液体は、普通に売っていますから不可能ではないと思いますね。
NHKの朝のニュースよりでした。

関連記事

no image

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

no image

認知症は病院で悪化も。介護疲れに入院やデイサービスを使う

患者のプライドを保つ。 認知症に対する

記事を読む

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なの

記事を読む

no image

一口ごとに飲み込みにくいから交互にする

食事介助のポイント 生活にリズム・歯を

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

no image

認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う

ここまでする必要ある? ここまでできる

記事を読む

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

no image

理想的な患者とは痛いとき痛いという人

医療を提供する医者の意見がテレビでやって

記事を読む

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑