ミキサー違う、酵素で原型のまま風味を楽しめる介護食事NHK

公開日: : 療養病棟、療養型病院

朝のNHKニュースでありましたが、最近の介護食は、原型を保のに柔らかいらしい。
歯がない人や流動食などの方が食べる介護食というのは、食べものをすり下ろした物や、ペースト状にしたものを提供されます。

いわば、すべてどろどろジュースになっています。
ですから、味も悪いし見た目も悪い。
食事が食べれなくなってきた高齢者の方が、こういったいかにも不味そうな食事を提供されると、ますます食欲がなくなり衰弱してしまう。

そこで、最近の介護食は、原型を保ったまま柔らかい調理法が開発されています。
それは、酵素で柔らかくすることです。
テレビで、エビとレンコンを酵素で柔らかくした物が紹介されました。
エビもレンコンもスプーンではつぶせません。
しかし、酵素で柔らかくしてあるのは、あたかも餡子のようにスプーンで押しつぶせるぐらい柔らかくなっているのです。
しかも、味も本来の味を損なわないままです。

酵素を使って分解した食材が介護食にぴったり

原型を保ち、しかも風味も楽しめる新しい介護食です。
酵素で、食べ物が胃で半分消化されたような柔らかい状態にしているためだそうです。
酵素を食べ物に塗ると、通常酸っぱくなるのですが、いろいろな酵素を混ぜることで風味を保っているそうです。

魚の切り身なんかは、
魚をまずミキサーにかけて、それから魚の精密な型にはめ、
食品プリンターでより本物に近く見せるようにプリントする。

療養型病院では採用されていません

私の知る限り療養型病院では採用されていません。
療養型病院では嚥下訓練をする人は1割以下ですからね。
患者数の1%ぐらいといっても過言ではないです。

どんどん食欲が落ちる方もこの介護食があれば、食欲を取り戻せるでしょうね。
介護食を提供する食品加工会社や給食会社だけでなく、病院での調理場でも酵素を塗ることはできると思います。
是非療養型病院などでは、えんげ機能の改善などに役立てて欲しいアイデアだと思います。
酵素の液体は、普通に売っていますから不可能ではないと思いますね。
NHKの朝のニュースよりでした。

関連記事

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image

食べる機能、舌が衰えて滑舌が悪くなり誤嚥に

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学の

記事を読む

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

緩和ケアで寿命が伸びるのは痛みを取るから

要町病院の吉澤先生。 早期から患者家族

記事を読む

no image

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

no image

中心静脈、経鼻胃管でチューブから感染で敗血症で死亡も

過剰な胃ろうの拒否反応に困惑も。 胃ろ

記事を読む

no image

認知症はオムツの尿量と時間帯でトイレに誘う

ここまでする必要ある? ここまでできる

記事を読む

no image

死亡率の高い療養型病院の終末医療の印象

いつかの話ですが、仲良くなったあるデイサ

記事を読む

no image

低栄養で床ずれで入院の対策に栄養士の訪問指導

管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの

記事を読む

no image

聞いてない高齢者にがんの主治医の説明

厚生労働省の調査で高齢者のがん患者への説

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑