放置された高齢者が通報で介護サービスを受けるようになるまで

子供の虐待は警察に通報だ。
高齢者の虐待は市町村へ通報だ。
子供はすぐに死などの危険なリスクと隣り合わせだが、
高齢者虐待はじわじわなぶり殺し、生き地獄で長時間続くケースが多く、
おそらく序盤の虐待は警察は取り合ってくれないだろう。

高齢者虐待の放置に気付くポイント

  • 食事を与えない
  • 清潔にしない
  • 放置する

介護を放棄した行為で高齢者虐待と言えます。
食事の回数が1回や服装や体の臭いがポイント。

放置された高齢者が通報で介護サービスを受けるようになるまで

虐待が疑われる高齢者を発見した場合は市町村へ通報。
地域包括支援センターが中心となって保護や介入を行うことになる。
地域包括支援センターでは、社会福祉士や保健師、ケアマネージャーらが家庭での
介護や生活全般にわたる相談から日常の生活支援、介護・福祉サービスの調整まで高齢者が地域で暮すための手助けをする。

介護の手が足りず、家族の負担が大きくなっている場合にはヘルパーや施設の利用を手配したりする。
他に手助けをしてくれる人がいないならヘルパーの利用とデイサービスへの通所で介護の負担を減らし、
食事や入浴介助を受けることができるようにした。

この通報は病院などの医師や看護師だけの仕事ではない。
地域の人がこうした高齢者を見かけたときはおせっかいと思わずに、自治体に通報するのも人助けにつながる行為。