理想的な患者とは痛いとき痛いという人

公開日: : 療養病棟、療養型病院

医療を提供する医者の意見がテレビでやってました。
癌を乗り越えて、寺内タケシさんの番組内での医者の言葉です。
痛いときは痛い、嫌なときは嫌。
包み隠さず、本当のことを言う人が理想的な患者だという。

痛みを我慢するのはよくない

我慢をしてしまう。
持っているものを隠さないこと。
遠慮しないで言うことが大事なこと。

つまり、結局は他人なので、
他人を本当に知るためには、うそをつかず、真実をあるがままに、訴える人が理想的だということ。

癌は痛くて辛い。だからこそ言う

痛いのを我慢すると、痛いまま死んでしまう。
私は霊感はありませんが、辛いまま心残りで死ぬと、自縛霊になるんでしょうか。
おそらく悔いは残ると思います。
痛みをちゃんと先生や看護師に伝えて、それを聞いてもらえる病院を選びたいですね。

興味がある方は、緩和ケアの記事を見てみてください。
痛みに対して我慢強い日本人

関連記事

no image

違法だった人工呼吸器の取り外しができるようになるかも

治療を尽くしても回復の見込みがなく、死期

記事を読む

no image

田舎の病院のデイサービスが儲かる理由を聞いた

高齢の先生と話をして聞いたんだけど、私が

記事を読む

no image

ミキサー違う、酵素で原型のまま風味を楽しめる介護食事NHK

朝のNHKニュースでありましたが、最近の

記事を読む

no image

胃ろうで吐く、小腸チューブで注入量を減らすと安定

穏やかな最後を看取る 胃ろうを作っても

記事を読む

no image

中心静脈、経鼻胃管でチューブから感染で敗血症で死亡も

過剰な胃ろうの拒否反応に困惑も。 胃ろ

記事を読む

no image

認知症は病院で悪化も。介護疲れに入院やデイサービスを使う

患者のプライドを保つ。 認知症に対する

記事を読む

no image

モルヒネ麻薬死ぬ人に依存症とか副作用ではなく苦しまずに死ねるかが重要

モルヒネ医療麻薬 保険適応の拡大必要

記事を読む

no image

余命1、2ヶ月なら4割が緩和ケア希望

緩和ケアとは、癌の末期など死をさけられな

記事を読む

no image

高齢の会話しない食べない頻尿は薬剤性高カルシウム血症だった

ドクターG見たのですが、今回はパソコンが

記事を読む

no image

死亡退院や死亡entのお見送りの大事さ

終わりよければすべてよし、お見送りの大事

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑