理想的な患者とは痛いとき痛いという人

公開日: : 療養病棟、療養型病院

医療を提供する医者の意見がテレビでやってました。
癌を乗り越えて、寺内タケシさんの番組内での医者の言葉です。
痛いときは痛い、嫌なときは嫌。
包み隠さず、本当のことを言う人が理想的な患者だという。

痛みを我慢するのはよくない

我慢をしてしまう。
持っているものを隠さないこと。
遠慮しないで言うことが大事なこと。

つまり、結局は他人なので、
他人を本当に知るためには、うそをつかず、真実をあるがままに、訴える人が理想的だということ。

癌は痛くて辛い。だからこそ言う

痛いのを我慢すると、痛いまま死んでしまう。
私は霊感はありませんが、辛いまま心残りで死ぬと、自縛霊になるんでしょうか。
おそらく悔いは残ると思います。
痛みをちゃんと先生や看護師に伝えて、それを聞いてもらえる病院を選びたいですね。

興味がある方は、緩和ケアの記事を見てみてください。
痛みに対して我慢強い日本人

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのままにしておくと血管や心臓への影

→もっと見る

PAGE TOP ↑