「 眼科 」 一覧

目、傷、失明、眼科、加齢、緑内障、白内障などについてご紹介します。
再生する器官ではないので、予防と早期発見が重要になってきます。

目の油不足と目のシワの病名

2015/01/18 | 眼科

エアコンとコンピューターとコンタクトは目にとって3コンと言われています。 表参道南青山アイクリニック副院長の井出先生。 ある部分の異常がドライアイの原因の8割。 カサカサのドライアイは目の油

続きを見る

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

2015/01/11 | 眼科

60歳女性の症状。 3年前から目がしょぼしょぼして目を開けているのが辛くなった。 眼科に行ったら 涙の蒸発が早いのでドライアイの治療をした 次は歩くとふわふわする。 心療内科で原因不明といわれ

続きを見る

幼児が目にけがをした時の初期対応

2014/10/10 | 眼科

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせないので、 他人の指やボールを避けきれずに目に当てたり、遊んでいて砂が目に入ったりしやすい。頭が大きいため、バランスを崩して転び、物に目をぶつける場合もある。

続きを見る

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リファレンス エビデンスに基づく究極の診断額を目指して Jpn J Ophthalmol,2007 Lan-Feb;51(1):41-4 前回のドクターG最終

続きを見る

網膜症の治療法は血糖値を下げると手術

2014/07/19 | 眼科

糖尿病合併症を食い止める網膜症。視力を保つには? 糖尿病が起こってから10年20年は自覚症状に乏しく、視力が低下したときには進んでいる。治療を受けるタイミングが難しい病気。 光は角膜を通り

続きを見る

健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大は緑内障疑いのこと

2014/06/26 | 眼科

緑内障になった人の9割が全く気づいていない。 失明の原因9割は少しずつ視野がなくなる。 緑内障の患者数300万人、40歳以上20人に1人。 緑内障は一度かかると治らない病気 視野の7割以上

続きを見る

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

2014/04/08 | 眼科

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシックなどの後遺症でもなる水疱性角膜症。 京都府立医大と同志社大は、目の角膜がにごって視力が落ちる、水疱性角膜症の患者3人の目に、 体外で培養した細胞を注射す

続きを見る

網膜中心静脈閉塞症の注射の金額

2014/04/06 | 眼科

抗VEGF治療薬の自己負担金額は1回5万円~6万円です。 抗VEGF治療薬は、新生血管の成長を活発化させる体内のVEGF(血管内皮細胞増殖因子)という物質の働きを抑える薬。 網膜中心静脈閉塞症の治

続きを見る

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

2014/03/30 | 眼科

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です。 目の奥の静脈が詰まり、網膜の血管が水ぶくれのような状態になる「網膜中心静脈閉塞症(CRVO)」。 有病率は40歳以上で、500人に1人程度だが、失明する

続きを見る

老眼を遅らせる方法はガムを噛むこと

2014/03/10 | 眼科

老眼の進行を遅らせる方法はガムを噛むことです。 加齢とともにピントが合わせにくくなるのが老眼です。 ガムを噛む事で目の周りの血流がよくなる ガムをよく噛むことで側頭部、目の周りの筋肉も動

続きを見る

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり、涙の油不足

2013/12/14 | 眼科

視界がかすむ、ごろごろなどの症状は涙が不安定が原因かも。 フルオレセインという染色薬品で目の状態がエメラルドグリーンになる。 最近の眼科ではスリットランプのカメラがパソコンでみれるようになっている

続きを見る

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑