目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 眼科

60歳女性の症状。
3年前から目がしょぼしょぼして目を開けているのが辛くなった。
眼科に行ったら 涙の蒸発が早いのでドライアイの治療をした
次は歩くとふわふわする。
心療内科で原因不明といわれた。
半年前から左目だけ開けていられない。
運転も出来ないし集中できない。

ファーストオピニオンはドライアイ

今症状はどれぐらい?

今左目が閉じたくなった。
閉じてると片目を開けて長くいられる。

目がしょぼしょぼして開けていられない時はまず眼科医は表面の病気を疑う

目の表面の病気

  • ドライアイ
  • アレルギー性結膜炎
  • 結膜弛緩症

ドライアイを治療したが治らなかった。

気になった症状2つ

  • 歩行中にふわふわする
  • 左目を開けていられない

歩いてて景色とかはっきり見えづらい。
宙を浮く感じ 階段危ないなと思うことがあった。
症状が出始めるときより瞬きが多くなった。
ひとつ簡単なテストをしてもらう。

ポンポコテスト

これは眼科の教科書に書いてない東京都千代田区井上眼科病院若倉先生が考えたテスト。
実際にやっているテスト。
「ポンポコポン」というリズムで軽く瞬きする。
リズムに合った瞬きができない。
眉毛が動いている。
普通の瞬きはまぶただけでやる。
眉間にしわがよっている。

病名は眼瞼痙攣の疑い

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった
眼瞼痙攣は脳の神経回路の故障。
目を開ける筋肉に指令が上手く伝わらない。
その結果瞬きが上手くいかない。
両目を開けてられないから片目をつぶってしまう。
歩いていてふわふわする。集中力が欠けるので目を知らずに閉じてしまうから
ぶつかってしまったり、階段から落ちたりする。

眼瞼痙攣の原因は?

強いストレス、神経系に聞く薬の副作用やよくわからない人も多い。

眼瞼痙攣の治療は?

根本的な治療はない。
ボトックスという麻酔を瞼に注射して眼をすこしつぶりにくくして眼を開けているのが楽になる。
クラッチ眼鏡も有効です。眼を開けやすくしたりマッサージ効果がある。
その後、若倉先生は地元の神経内科を紹介しました。

関連記事

ぶどう膜炎の原因となる病気は結核も。ドクターG最終回

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リフ

記事を読む

no image

緑内障目薬面倒忘れる点眼できない必要性がわからない

緑内障の大切な治療の継続の話。 新潟大

記事を読む

no image

幼児が目にけがをした時の初期対応

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせ

記事を読む

no image

老眼を遅らせる方法はガムを噛むこと

老眼の進行を遅らせる方法はガムを噛むこと

記事を読む

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり、涙の油不足

視界がかすむ、ごろごろなどの症状は涙が不

記事を読む

no image

健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大は緑内障疑いのこと

緑内障になった人の9割が全く気づいていな

記事を読む

no image

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です

記事を読む

no image

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシ

記事を読む

LIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できる

目の油不足と目のシワの病名

エアコンとコンピューターとコンタクトは目

記事を読む

no image

眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑