不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり、涙の油不足

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 眼科

視界がかすむ、ごろごろなどの症状は涙が不安定が原因かも。
フルオレセインという染色薬品で目の状態がエメラルドグリーンになる。
最近の眼科ではスリットランプのカメラがパソコンでみれるようになっている。
正常な眼球はまんべんなくエメラルドグリーン。
黒い影、この黒い影の正体とは?

黒い影は涙が乗っていないから

涙が乗っていないところが黒く写る。
安定する涙と不安定涙が着目されている。
涙の出る量が多くても安定が悪いと目がしょぼしょぼと開けてられない症状が出る。

涙の成分は三層

涙の成分は、涙をとどめるムチン、潤いの水分、蒸発を防ぐ油分、三層に重なっている。
涙腺といいう部分で生成される。ほとんどが鼻に流れほとんどが蒸発。
マイボーム腺というまぶたにある皮脂腺から水分の蒸発を防ぐ油分を供給する。
油分がないと、かすんだりごろごろする。
いわゆるドライアイの状態なのです。

ドライアイ観察装置DR-1(瞬きによる油分の動きを観察できる装置)
油分がしっかりまざり、安定した涙は瞬きで縦に伸びる上に伸びる。
安定しないと、マーブル模様になったりちゃんと上に混ざらない、横縞になる。油分水分のバランスが悪い。

なぜドライアイの不安定涙になるの?

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり
油分を出すマイボーム腺 油が固まるとふさいでしまう。白く詰まっている。
マイボーム腺が詰まる原因は、加齢、皮脂の低下につながる生活習慣病、過剰なアイメイクなど。
ドライアイは角膜を傷つける原因。
暖めたりだとか、油なので溶ける。湯船で蒸しタオルで改善できる。

安定・不安定涙チェック

・長時間パソコンを使う
・充血しやすい
・夕方になると目の調子が悪い
・白い目やにがでる
・10秒間目を開けてられない

長時間パソコンやスマホなど集中すると瞬きの回数が減るため目が乾きやすい。
充血しやすい、目が乾燥して傷が付いている状態。
夕方になると目の調子が悪くなるのは目を開けている時間が長くなるにつれ乾いているのは涙が不安定になっている。
白く粘ついた目やには、涙で流れるはずの目が古い細胞がうまく排出されず溜まってしまう状態。
1つでもあると不安定涙。

関連記事

no image

眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次

記事を読む

no image

幼児が目にけがをした時の初期対応

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせ

記事を読む

no image

網膜中心静脈閉塞症の注射の金額

抗VEGF治療薬の自己負担金額は1回5万

記事を読む

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。 3年前から目がしょ

記事を読む

no image

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシ

記事を読む

ぶどう膜炎の原因となる病気は結核も。ドクターG最終回

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リフ

記事を読む

no image

健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大は緑内障疑いのこと

緑内障になった人の9割が全く気づいていな

記事を読む

LIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できる

目の油不足と目のシワの病名

エアコンとコンピューターとコンタクトは目

記事を読む

no image

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です

記事を読む

no image

老眼を遅らせる方法はガムを噛むこと

老眼の進行を遅らせる方法はガムを噛むこと

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑