不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり、涙の油不足

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 眼科

視界がかすむ、ごろごろなどの症状は涙が不安定が原因かも。
フルオレセインという染色薬品で目の状態がエメラルドグリーンになる。
最近の眼科ではスリットランプのカメラがパソコンでみれるようになっている。
正常な眼球はまんべんなくエメラルドグリーン。
黒い影、この黒い影の正体とは?

黒い影は涙が乗っていないから

涙が乗っていないところが黒く写る。
安定する涙と不安定涙が着目されている。
涙の出る量が多くても安定が悪いと目がしょぼしょぼと開けてられない症状が出る。

涙の成分は三層

涙の成分は、涙をとどめるムチン、潤いの水分、蒸発を防ぐ油分、三層に重なっている。
涙腺といいう部分で生成される。ほとんどが鼻に流れほとんどが蒸発。
マイボーム腺というまぶたにある皮脂腺から水分の蒸発を防ぐ油分を供給する。
油分がないと、かすんだりごろごろする。
いわゆるドライアイの状態なのです。

ドライアイ観察装置DR-1(瞬きによる油分の動きを観察できる装置)
油分がしっかりまざり、安定した涙は瞬きで縦に伸びる上に伸びる。
安定しないと、マーブル模様になったりちゃんと上に混ざらない、横縞になる。油分水分のバランスが悪い。

なぜドライアイの不安定涙になるの?

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり
油分を出すマイボーム腺 油が固まるとふさいでしまう。白く詰まっている。
マイボーム腺が詰まる原因は、加齢、皮脂の低下につながる生活習慣病、過剰なアイメイクなど。
ドライアイは角膜を傷つける原因。
暖めたりだとか、油なので溶ける。湯船で蒸しタオルで改善できる。

安定・不安定涙チェック

・長時間パソコンを使う
・充血しやすい
・夕方になると目の調子が悪い
・白い目やにがでる
・10秒間目を開けてられない

長時間パソコンやスマホなど集中すると瞬きの回数が減るため目が乾きやすい。
充血しやすい、目が乾燥して傷が付いている状態。
夕方になると目の調子が悪くなるのは目を開けている時間が長くなるにつれ乾いているのは涙が不安定になっている。
白く粘ついた目やには、涙で流れるはずの目が古い細胞がうまく排出されず溜まってしまう状態。
1つでもあると不安定涙。

関連記事

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。 3年前から目がしょ

記事を読む

no image

緑内障目薬面倒忘れる点眼できない必要性がわからない

緑内障の大切な治療の継続の話。 新潟大

記事を読む

no image

網膜中心静脈閉塞症の注射の金額

抗VEGF治療薬の自己負担金額は1回5万

記事を読む

no image

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシ

記事を読む

LIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できる

目の油不足と目のシワの病名

エアコンとコンピューターとコンタクトは目

記事を読む

no image

幼児が目にけがをした時の初期対応

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせ

記事を読む

ぶどう膜炎の原因となる病気は結核も。ドクターG最終回

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リフ

記事を読む

no image

健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大は緑内障疑いのこと

緑内障になった人の9割が全く気づいていな

記事を読む

no image

網膜症の治療法は血糖値を下げると手術

糖尿病合併症を食い止める網膜症。視力を保

記事を読む

no image

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です

記事を読む

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑