目の油不足と目のシワの病名

公開日: : 最終更新日:2015/01/18 眼科

エアコンとコンピューターとコンタクトは目にとって3コンと言われています。
表参道南青山アイクリニック副院長の井出先生。
ある部分の異常がドライアイの原因の8割。

カサカサのドライアイは目の油不足

目の表面をやすりでカサカサされている感じ。
5分おきに目薬。
BUT検査(涙が出てから乾くまでの時間)で目を開けたとたん涙が蒸発。
5秒以内に乾燥するとドライアイと診断される。

マイボーム腺機能不全
瞼の裏側、本来はジュワット油がでるがでてこない。
油の質がわるい、量が少ない、マイボーム腺機能不全が8割。

目の油不足の病名はマイボーム腺機能不全

マイボーム腺とは瞼の裏側まつげげの裏側にある皮脂腺。
瞬きをするたびに圧力がかかり油が出る。・
油がでないと蒸発しやすい油になる。

まばたきの減少やまばたきが浅いと出ないことも。
メイクでマイボーム腺をふさぐことが原因になることもある。

実費の治療は片目65000円!

LIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できる
マイボーム腺機能不全をLIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できるらしい。
点眼麻酔で目の中に器械を入れる。
ジワッと目を暖めている感じで内側から加熱しマイボーム腺を暖め固まった油を溶かす。
マッサージ機能があり、マイボーム腺から油を押し出す。
12分 片目65000円!
1ヵ月後から効果が出て半年から1年効果が続く。

家でできる対策は目を暖めること

自宅でできる対策はホットアイマスク。
目を暖める瞬きする習慣を。
目を暖めるとマイボーム腺に詰まった油が溶けて症状が改善することもあります。

涙が溢れるドライアイは白目のシワが原因

わけもなく涙が出続ける症状の方は白目にシワがある。
目の付け根の下のほうにシワのような線
加齢でシワができるように白目もたるみでシワができる結膜弛緩症という病気です。

目のシワの病名は結膜弛緩症

目のシワの病名は結膜弛緩症
主に加齢が原因で結膜にたるみが生じる。
このシワが瞼の中の涙の貯蔵庫をふさぎ、涙が全体に行きわたらず涙が溢れる。
たるんだ結膜が眼球の上に乗り上げることも。
瞬きをするたびにシワが動き、さらには出血する場合も。

治療法は?

まずは摩擦を少なくするために点眼と軟膏。
シワを取り除く手術も。

結膜弛緩症の手術

まずは麻酔注射し、サージトロンで弛緩した部分を熱凝固(熱でシワを収縮させる)する。
手術は15分で終了。
両目を一度に手術でき、保険適用で日帰りも可能。

関連記事

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり、涙の油不足

視界がかすむ、ごろごろなどの症状は涙が不

記事を読む

no image

緑内障目薬面倒忘れる点眼できない必要性がわからない

緑内障の大切な治療の継続の話。 新潟大

記事を読む

no image

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシ

記事を読む

no image

網膜症の治療法は血糖値を下げると手術

糖尿病合併症を食い止める網膜症。視力を保

記事を読む

no image

健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大は緑内障疑いのこと

緑内障になった人の9割が全く気づいていな

記事を読む

no image

網膜中心静脈閉塞症の注射の金額

抗VEGF治療薬の自己負担金額は1回5万

記事を読む

ぶどう膜炎の原因となる病気は結核も。ドクターG最終回

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リフ

記事を読む

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。 3年前から目がしょ

記事を読む

no image

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です

記事を読む

no image

幼児が目にけがをした時の初期対応

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせ

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑