網膜症の治療法は血糖値を下げると手術

公開日: : 最終更新日:2014/07/19 眼科

糖尿病合併症を食い止める網膜症。視力を保つには?

糖尿病が起こってから10年20年は自覚症状に乏しく、視力が低下したときには進んでいる。治療を受けるタイミングが難しい病気。

光は角膜を通り水晶体を通り奥にある網膜に当たる。
物を見るための神経が全体に広がっている。
眼底写真を見ると、細い血管が無数に伸びている。
これらの血管が障害を受ける病気で両方の目に起こる。

網膜症はこんな病気

細い血管の壁がもろくなって出血が出てくる。
まんなかに障害が起こらないと自覚症状が出にくい。
その間に進行してしまう。

進行度1、自覚症状無し

小さい出血点
眼底検査を年1回~3ヶ月に1回

進行度2、自覚症状がない人が多い

赤い斑点は出血 白い部分は網膜の血管の閉塞
眼底検査を1~2ヶ月に1回

進行度3 著しい視力低下

網膜にはない病的な血管=新生血管。
結合組織を伴った増殖膜。
増殖膜が網膜を引っ上げる、けん引性網膜剥離。
眼底検査を2週間~1ヶ月に1回

硝子体出血

境目にでる新生血管はもろいので、いきんだり、ぶつかったりしただけで目の中に出血する。
虫が飛んだみたいに重篤なひぶんしょうになり見えなくなる。

網膜が剥がれることがある

増殖膜が縮む、網膜をけん引してはがす。
剥がれると栄養がもらえなくなるので重篤な視力障害が起こる。

眼底の検査をすることで発見できる

糖尿病と診断されたら年に1回以上。
網膜症と診断された場合は、病態に応じて治療しなければならない。

糖尿病性網膜症の治療法

血糖値を下げる

日本糖尿病学会 HbA1c 7%未満を目指しましょう。
リスクを下げることが出きる。

レーザー治療(光凝固)

出血を止め、血管が閉塞した領域を固めること。
オウハン部の機能を保つ。
新生血管の発生を抑える、出てきたものを退縮を目指す。
95%以上失明をとめられる。
ポイントは適切な時期に行うこと。

硝子体手術

増殖膜を取ってしまう、濁りを取る。
血液吸引と増殖膜切除。
網膜は傷つけない。
0.5以上の視力に戻るのが5割~6割ぐらい。
0.1以上の視力に戻るのが8割ぐらい。

リスクは技術的に難しい手術であり、
特殊な緑内障を伴う場合もある。医師と相談しながら行う。
網膜症ならば、糖尿病の治療、内科と眼科の連携が大事。
糖尿病眼手帳で内科と眼科の情報共有が大事。
眼科健診が大事。

関連記事

no image

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です

記事を読む

no image

老眼を遅らせる方法はガムを噛むこと

老眼の進行を遅らせる方法はガムを噛むこと

記事を読む

no image

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシ

記事を読む

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり、涙の油不足

視界がかすむ、ごろごろなどの症状は涙が不

記事を読む

LIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できる

目の油不足と目のシワの病名

エアコンとコンピューターとコンタクトは目

記事を読む

no image

緑内障目薬面倒忘れる点眼できない必要性がわからない

緑内障の大切な治療の継続の話。 新潟大

記事を読む

no image

健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大は緑内障疑いのこと

緑内障になった人の9割が全く気づいていな

記事を読む

no image

幼児が目にけがをした時の初期対応

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせ

記事を読む

ぶどう膜炎の原因となる病気は結核も。ドクターG最終回

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リフ

記事を読む

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。 3年前から目がしょ

記事を読む

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑