角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

公開日: : 最終更新日:2014/04/08 眼科

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシックなどの後遺症でもなる水疱性角膜症。
京都府立医大と同志社大は、目の角膜がにごって視力が落ちる、水疱性角膜症の患者3人の目に、
体外で培養した細胞を注射するという世界初の治療を行い視力の改善に成功したと発表した。

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

通常は再生しない角膜の治療は移植などしかなく、ドナー待ちで何年何十年と待たなければならない。
角膜移植より患者の負担が少なく、高い治療効果が期待できるとしており、
2016年をめどに臨床試験を始めたいとしている。

水疱性角膜症は、角膜の最も内側で透明に保つ働きをしている角膜内皮細胞が外傷などによって減少し、角膜が濁る病気。
この細胞はほとんど再生しない為、角膜移植のほかに有効な治療法がなかった。

京都府立医大の木下茂教授らの研究グループは、人の角膜内皮細胞に化合物を加えて培養し、増やすことに成功。
臨床研究として、昨年12月から57歳~68歳の患者3人の角膜の内側にこの細胞を約100万個ずつ注射する治療を行った。

視力改善、角膜ドナー探し不要

その結果、眼鏡をかけて0.05~0.06だった視力が、1~3ヶ月後には0.1~0.9まで改善した。
炎症を抑えるステロイド剤を点眼しているが免疫抑制剤は不要という。
臨床研究では15年末までに計30人に治療を行い、安全性や効果を高める。

見えると見えないでは断然満足度が変わります。ドナー探し不要というのも魅力的です。
目の分野は人間の生きる力の源の分野なので発展してほしいですね。
だけれど、コンタクトレンズやレーシックなどで予備軍を増やされても困りますが。
平成26年3月30日の読売新聞のくらし欄より。

関連記事

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり、涙の油不足

視界がかすむ、ごろごろなどの症状は涙が不

記事を読む

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。 3年前から目がしょ

記事を読む

LIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できる

目の油不足と目のシワの病名

エアコンとコンピューターとコンタクトは目

記事を読む

no image

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です

記事を読む

no image

眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次

記事を読む

no image

老眼を遅らせる方法はガムを噛むこと

老眼の進行を遅らせる方法はガムを噛むこと

記事を読む

ぶどう膜炎の原因となる病気は結核も。ドクターG最終回

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リフ

記事を読む

no image

幼児が目にけがをした時の初期対応

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせ

記事を読む

no image

網膜症の治療法は血糖値を下げると手術

糖尿病合併症を食い止める網膜症。視力を保

記事を読む

no image

網膜中心静脈閉塞症の注射の金額

抗VEGF治療薬の自己負担金額は1回5万

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑