角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

公開日: : 最終更新日:2014/04/08 眼科

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシックなどの後遺症でもなる水疱性角膜症。
京都府立医大と同志社大は、目の角膜がにごって視力が落ちる、水疱性角膜症の患者3人の目に、
体外で培養した細胞を注射するという世界初の治療を行い視力の改善に成功したと発表した。

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

通常は再生しない角膜の治療は移植などしかなく、ドナー待ちで何年何十年と待たなければならない。
角膜移植より患者の負担が少なく、高い治療効果が期待できるとしており、
2016年をめどに臨床試験を始めたいとしている。

水疱性角膜症は、角膜の最も内側で透明に保つ働きをしている角膜内皮細胞が外傷などによって減少し、角膜が濁る病気。
この細胞はほとんど再生しない為、角膜移植のほかに有効な治療法がなかった。

京都府立医大の木下茂教授らの研究グループは、人の角膜内皮細胞に化合物を加えて培養し、増やすことに成功。
臨床研究として、昨年12月から57歳~68歳の患者3人の角膜の内側にこの細胞を約100万個ずつ注射する治療を行った。

視力改善、角膜ドナー探し不要

その結果、眼鏡をかけて0.05~0.06だった視力が、1~3ヶ月後には0.1~0.9まで改善した。
炎症を抑えるステロイド剤を点眼しているが免疫抑制剤は不要という。
臨床研究では15年末までに計30人に治療を行い、安全性や効果を高める。

見えると見えないでは断然満足度が変わります。ドナー探し不要というのも魅力的です。
目の分野は人間の生きる力の源の分野なので発展してほしいですね。
だけれど、コンタクトレンズやレーシックなどで予備軍を増やされても困りますが。
平成26年3月30日の読売新聞のくらし欄より。

関連記事

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり

不安定涙ドライアイはマイボーム腺の詰まり、涙の油不足

視界がかすむ、ごろごろなどの症状は涙が不

記事を読む

ぶどう膜炎の原因となる病気は結核も。ドクターG最終回

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リフ

記事を読む

no image

健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大は緑内障疑いのこと

緑内障になった人の9割が全く気づいていな

記事を読む

no image

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です

記事を読む

no image

老眼を遅らせる方法はガムを噛むこと

老眼の進行を遅らせる方法はガムを噛むこと

記事を読む

no image

網膜症の治療法は血糖値を下げると手術

糖尿病合併症を食い止める網膜症。視力を保

記事を読む

no image

緑内障目薬面倒忘れる点眼できない必要性がわからない

緑内障の大切な治療の継続の話。 新潟大

記事を読む

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。 3年前から目がしょ

記事を読む

no image

網膜中心静脈閉塞症の注射の金額

抗VEGF治療薬の自己負担金額は1回5万

記事を読む

no image

幼児が目にけがをした時の初期対応

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせ

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑