健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大は緑内障疑いのこと

公開日: : 最終更新日:2014/06/26 眼科

緑内障になった人の9割が全く気づいていない。
失明の原因9割は少しずつ視野がなくなる。
緑内障の患者数300万人、40歳以上20人に1人。

緑内障は一度かかると治らない病気
視野の7割以上がかけてようやく気づく。
両方の目で 片方がかけていても 脳が補完 映像を合成している。
ちょっとぼけた程度かなと思うぐらい。
新聞紙を片目を閉じて1点を見つけて、欠けている部分があれば緑内障かもしれない。

緑内障の治療はない。
できるだけ速く見つけて それ以上進行しないように抑えるのが精一杯。
40歳をすぎたら人間ドッグを受けましょう。
健診や健康診断で視神経乳頭陥凹拡大と指摘されることでわかる。

女性に多いドライアイの原因と対処方法

不安定涙はマイボーム腺の詰まりが原因
アイメイクのやりすぎで詰まる。
20~30代で多いが50代でもバッチリメイクで多い。
まぶたの上下にあるマイボーム腺。ここから出てくる涙が脂で涙の蒸発を防ぐ。
涙の脂の成分が少なくなり目が乾くようになる。
アイメイクを粘膜まで弾く人がいる。

蒸しタオルでマイボーム腺に詰まった脂を溶かす

アイラインの色素がマイボーム腺で詰まるのを取るのは蒸しタオルであっためるといい。

関連記事

no image

眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次

記事を読む

no image

幼児が目にけがをした時の初期対応

幼児は身体能力が低く、とっさに身をかわせ

記事を読む

no image

網膜の血液が静脈で詰まり、みずぶくれ網膜中心静脈閉塞症

視野ゆがみ・欠落の網膜中心静脈閉塞症です

記事を読む

no image

網膜症の治療法は血糖値を下げると手術

糖尿病合併症を食い止める網膜症。視力を保

記事を読む

no image

緑内障目薬面倒忘れる点眼できない必要性がわからない

緑内障の大切な治療の継続の話。 新潟大

記事を読む

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。 3年前から目がしょ

記事を読む

LIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できる

目の油不足と目のシワの病名

エアコンとコンピューターとコンタクトは目

記事を読む

no image

老眼を遅らせる方法はガムを噛むこと

老眼の進行を遅らせる方法はガムを噛むこと

記事を読む

no image

角膜移植しない角膜再生が可能になる細胞注射

コンタクトレンズなどの酸素不足や、レーシ

記事を読む

ぶどう膜炎の原因となる病気は結核も。ドクターG最終回

ぶどう膜炎の原因の病気は結核も。ドクターG最終回

出典:ジェネラリストのための内科診断リフ

記事を読む

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

→もっと見る

PAGE TOP ↑