眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です。
理由は「ほとんどの場合、今病院に行く必要がないからです。

つまり、眼科・歯科・耳鼻科は今病院に行かなくても死ぬ確率は非常に低いからです。

家族の立場からして、子供や家族を一刻も早く病院に連れていきたいのもわかりますが、なにもできない、次の朝まで何もしないことがほとんど。
よく開いているクリニックは・・・

土日祝開いている眼科はイオンモール内

大きい病院などからアルバイトしている医者で回している。
イオンモール内じゃなくても、商店街の中にサテライト眼科(眼科の先生が自分の医院や病院の患者を増やすために拠点を増やす)なんか結構休みの日でもやっている。

眼科や耳鼻科や歯科の特徴的な急病

虫歯が痛くてしょうがない

とりあえず、いきつけの歯科があくまで我慢するしかない。
歯が痛いからと言って死ぬわけではないからです。
歯肉炎で…今じゃなくていい、痛み止めを貰うか、抗生物質を出してもらうかぐらいなら緊急対応してくれる病院もあるかもしれません。

目がかゆい赤い

それぐらいなら休み明けの眼科に行くか、どうしても気になるなら休日昼間のショッピングモールの眼科へ。

緑内障の発作

既往があるなら大きい病院。
救急車だと大学病院とか当たってくれる。うつむせで安静。

異物

鼻に詰めた、鉗子、つまむもので取れる病院。
飲み込んだ、緊急内視鏡、内視鏡専門医が必要。

薬のまわりのプラスチック
経験のない医者に任せるとほかの部分を傷つける恐れもある。
深夜にやれって言われてもへたくそに任せて失敗して医者のせいにするの?
だからあなたは見てもらえないんですよってなる。
病院もできないことは断る。

ボタン電池
化学反応で胃に穴をあける場合がある

よく飲み込んだからレントゲンを撮ってくれと言いますが、レントゲンを撮ってうんこからでそうであれば何もしない。

胃の中は体外と言われています。

口、鼻、のどを通って胃に入り、(胃に入るということは)腸を通ってうんこと一緒に出る。
体の外なんです。口から肛門までつながっているんです。

よく梱包のナイロンの切れ端を飲み込んだなど、小さいものなら、何もしなくてもうんこで出ます。
問題は出ない大きさの物や、胃を傷つけてしまう鋭利なものです。

とりあえず即救急車を呼びましょう。
救急車のいいところは、時間はかかってもどこか病院を見つけて搬送してくれるところです。

関連記事

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑