眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です。
理由は「ほとんどの場合、今病院に行く必要がないからです。

つまり、眼科・歯科・耳鼻科は今病院に行かなくても死ぬ確率は非常に低いからです。

家族の立場からして、子供や家族を一刻も早く病院に連れていきたいのもわかりますが、なにもできない、次の朝まで何もしないことがほとんど。
よく開いているクリニックは・・・

土日祝開いている眼科はイオンモール内

大きい病院などからアルバイトしている医者で回している。
イオンモール内じゃなくても、商店街の中にサテライト眼科(眼科の先生が自分の医院や病院の患者を増やすために拠点を増やす)なんか結構休みの日でもやっている。

眼科や耳鼻科や歯科の特徴的な急病

虫歯が痛くてしょうがない

とりあえず、いきつけの歯科があくまで我慢するしかない。
歯が痛いからと言って死ぬわけではないからです。
歯肉炎で…今じゃなくていい、痛み止めを貰うか、抗生物質を出してもらうかぐらいなら緊急対応してくれる病院もあるかもしれません。

目がかゆい赤い

それぐらいなら休み明けの眼科に行くか、どうしても気になるなら休日昼間のショッピングモールの眼科へ。

緑内障の発作

既往があるなら大きい病院。
救急車だと大学病院とか当たってくれる。うつむせで安静。

異物

鼻に詰めた、鉗子、つまむもので取れる病院。
飲み込んだ、緊急内視鏡、内視鏡専門医が必要。

薬のまわりのプラスチック
経験のない医者に任せるとほかの部分を傷つける恐れもある。
深夜にやれって言われてもへたくそに任せて失敗して医者のせいにするの?
だからあなたは見てもらえないんですよってなる。
病院もできないことは断る。

ボタン電池
化学反応で胃に穴をあける場合がある

よく飲み込んだからレントゲンを撮ってくれと言いますが、レントゲンを撮ってうんこからでそうであれば何もしない。

胃の中は体外と言われています。

口、鼻、のどを通って胃に入り、(胃に入るということは)腸を通ってうんこと一緒に出る。
体の外なんです。口から肛門までつながっているんです。

よく梱包のナイロンの切れ端を飲み込んだなど、小さいものなら、何もしなくてもうんこで出ます。
問題は出ない大きさの物や、胃を傷つけてしまう鋭利なものです。

とりあえず即救急車を呼びましょう。
救急車のいいところは、時間はかかってもどこか病院を見つけて搬送してくれるところです。

関連記事

no image

たんが絡みやすい違和感の原因

たんが絡みやすい、声がかすれる、むせやす

記事を読む

LIPIFLOW(リピーフロウ)という機械で改善できる

目の油不足と目のシワの病名

エアコンとコンピューターとコンタクトは目

記事を読む

上歯を磨くとき、歯ブラシの裏側て舌の表面をこする

歯磨きで口臭が強くなる理由

一日の口臭の変化 もっともレベルが

記事を読む

no image

放射線治療中の口内炎の悪化を防ぐ口腔ケア

頭頚部癌の放射線療法では、副作用で口の中

記事を読む

no image

老眼を遅らせる方法はガムを噛むこと

老眼の進行を遅らせる方法はガムを噛むこと

記事を読む

no image

シバガスを日本で合法に体験する方法

違法なドラッグだが、自転車タイヤ補充用の

記事を読む

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

目が開けれない しょぼしょぼ 歩くとふわふわは眼瞼痙攣だった

60歳女性の症状。 3年前から目がしょ

記事を読む

no image

喉が膨らむ、疲労感、体重増加、食欲不振は橋本病

のどに潜む意外な病。 5年前からやたら

記事を読む

no image

メニエール病の原因と特徴と治療法

国の特定疾患、難病に指定されているメニエ

記事を読む

舌苔を取るのはガーゼで拭き取る

口臭の種類と防ぐ軽減する方法

口臭の種類 生理的口臭:最近が増殖

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑