だだちゃ豆は枝豆よりアラニンが2倍入っている

だだちゃ豆と枝豆との違いは?
ただ茶豆は枝豆より肝臓にいい。
アルコールの解毒を助ける。

だだちゃ豆はアラニンが2倍入っていて肝臓の動きを助ける

ara
枝豆よりもアラニンというアミノ酸がおおく含まれていて、肝臓の解毒を助けるためお酒が早く抜けた。
だだちゃ豆は枝豆の2倍も入っている。
枝豆100グラムで250mg、
だだちゃ豆は100グラムで500mg。

山形特産のだだちゃ豆は珍しい。
なかなか手に入らないので、枝豆にまぐろやブロッコリー、海苔を併せて食べるのがいい。

アケビの皮のうち豆詰めで食べる

アケビの皮のうち豆詰めで食べる
アケビは山形名産の果物で、日本の9割をしめる。
旬が9月~10月、保存食は皮だけ。
アケビ料理をご紹介。

アケビの皮の中に人参、ごぼう、糸こんにゃく、だだちゃ豆をいれ、かんぴょうで閉じて煮た料理。なすびみたいな感触だそうだ。

アケビの皮にはポリフェノールの一種アントシアニンが入っている

抗酸化作用があり、肝臓の働きを助ける。
他にもブルーベリー、黒豆、なすび、ブドウなど紫色の食材に多く含まれる。

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑