手術中にがん細胞、癌が見える薬を東京大学医学部

年間30万人死亡日本人死因トップ、がん治療の最前線。
小さい癌はみえないのが治療の難しさ、転移・再発との戦いです。
癌が見える薬を徹底取材、日曜朝のテレビ番組健康カプセルより。
がんと闘う最新研究!



癌の治療が難しい理由は治療をしても転移や再発してしまうこと

恐ろしさ、がんというのは細胞レベルではじまる、目では見えないこと。
ある塊になって、1cmぐらいになってわかる。
東京大学医学部附属病院 胃食道外科 瀬戸先生

がん細胞は目で見えないので判別するのが難しいのです。
がんのもう1つの問題、転移してしまうこと。
手術の際がんの転移を恐れ、大きく幹部を切除してしまう。
広く切れば患者の負担も大きくなる。



もし手術中にがん細胞が見えたら…

東京大学医学部研究か 生態物理医学 浦野先生
2年前にがん細胞を光らせる研究に成功した。
スプレーでがん細胞発光、がん細胞が1分で光る試薬
がんが蛍光でピカピカすればわかりやすい。

がん細胞は他の正常細胞と違う性質をいくつかもっていて、ある酵素ががん細胞に多く存在していることに注目し、
その酵素に反応して光る物質を吐き出す薬品を開発。
がん細胞を光らせ可視化することに成功。
癌をミリ単位で見つけることが可能に。

過不足なく切除することが出来ると臓器を温存できる。
課題は全部の癌がひかるわけではない。

なんで全部取れなくて転移しちゃったんですかと言いたいですが、肉眼ではほぼわからない現実。
早く実用化して欲しいですね。

関連記事

no image

人間ドッグオプションのコストダウンコスト削減の方法

医療ツーリズム健康と観光をアジアから日本

記事を読む

no image

口を開けると音痛い口が開かない顎がずれる噛みしめ歯軋り噛み癖

肩こり頭痛の元がアゴのズレでした。 ア

記事を読む

no image

空回り脳で衰える記憶力、注意力、段取り力の低下

何かを思い出すとき、指令が走って目的地に

記事を読む

no image

沖縄の若者は揚げ物豚足フライドチキン寿命が短い。生活習慣病、高血圧、高脂血症、糖尿病、腎臓病

沖縄の日本長寿神話崩壊? 平成22

記事を読む

no image

隠れ糖尿病=食後血糖値は健康診断でわからない

自覚無しの隠れ糖尿病はほおっておくと10

記事を読む

小型の内視鏡マーメイド

小型の内視鏡マーメイドて詰まったらバックできないのにどうするのかな

日本人死亡数が男性3位、女性1位mの

記事を読む

no image

焼き鳥、回転寿司の食欲を誘う工夫

飲み屋では 焼き鳥を白い皿ではなく赤い皿

記事を読む

no image

熱中症になりやすいのが7月下旬、8月中旬の理由

熱中症の救急搬送者毎年4万人以上。 熱

記事を読む

no image

血管縫合と人工関節のロボットが東大で研究している

医療の進歩で昔は大変だった手術が今はこん

記事を読む

no image

太る脳,やみつき,中毒のメカニズム,肥満と味覚と刺激

太る脳の秘密でメタボ撃退! やみつきや

記事を読む

no image
ジョガーズフットのICD10はない

ジョガーズフットのICD10はない 同義語 足神経炎 とかになるけ

no image
注射とHIF-PH阻害薬院外処方どっちが赤字?

人工腎臓でHIF-PH阻害薬を院外処方箋すると人工腎臓の金額が下がる。

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

→もっと見る

PAGE TOP ↑