疲労感不調の原因は心臓心筋梗塞糖尿病狭窄ドリルで石灰プラーク

夏こそ危険 心筋梗塞の前兆
年間19万人死亡者数 心疾患
死亡率が高く後遺症が残る危険
健康カプセルより、渡辺徹の心筋梗塞の話です。

不調の原因は心臓?

冠動脈 心臓が動くための栄養や酸素を送る
冠動脈が詰まると心筋梗塞になる
鼓動が弱くなり、全身に血液が送れなくなる

渡辺徹の疲労の意外な症状と原因とは

渡辺徹、糖尿病の管理は完璧だが原因不明の疲労感が取れない。
栄養補給の点滴のために病院、心臓の動きが良くない、肥大している。
救急車で東海大学医学部附属病院で心筋梗塞、
1本詰まっていて、2本に狭窄、それが慢性的な疲労感。

血管を詰まらせていた原因はプラーク。
プラーク コレステロールや脂肪が血管にへばりつき狭くする。
食生活が大いに関係する。デビュー当時72kg、ピークは130kg
9000キロカロリー カツどん9杯分
夕食が終わってみんな寝静まってから食べる癖。
カテーテル手術、手首やふとももの動脈から管をいれプラークを取り除いたり広げたりする。
歩くのが早くなった、疲れない。
病気の原因は生活習慣である。治さないとまたなります。

渡辺徹に胸痛がなかった理由は糖尿病

湘南鎌倉総合病院 副院長心臓センター循環器科部長 斉藤先生
普通は非常に激しい胸、背中の痛み、まれにアゴ、肩に痛みを感じる人も。
冷や汗、吐き気を伴うこともある。
糖尿病により神経が鈍くなるため、心筋梗塞の自覚症状がでないこともある。
渡辺徹の場合は、昔心臓が鍛えられていて、毛細血管が発達していたと思われる。
年齢というのは大きな要素。お年寄りがなりやすい。
働き盛りの男性、メタボ、喫煙、睡眠不足が主な原因。
最近の例でもあるようにアラフォーの女性にもなる場合がある。
ストレス、過度のダイエットも原因と言われる。



カテーテル治療

何年か前から人間ドッグですこしずつ華麗とともにプラーク
何年も放置、血液中のカルシウムがプラークにとけこみ石灰化
カテーテルで広がらない可能性。
お手上げの状況、胸を開いてバイパス手術の適応になる。

バイパス手術

腕や脚の血管を移植して血流の少ない部位に血流を流す。
大きく胸を開く必要があるため体への負担が大きく合併症のリスクも高い。
体力のない高齢者には開胸手術は難しい。

ドリルの付いたカテーテルでプラークを壊すカテーテル

ドリルでプラークを壊す。
心筋梗塞の最新治療、ロータブレイターとは?
2mmほどの先端に約2000個のダイヤがついたドリル。
1分間に22万回転し、硬くなったプラークを削る。
これで卵を削ると、外の殻(石灰化)だけ削れ、中の薄皮(血管)は傷つかない。
血管は破らず、硬いプラークだけ削る。

カテーテル手術は局所麻酔のみ。
カテーテルを手首から挿入することで 手術後の傷を小さくする。
傷口が小さくてすむ手首の動脈から管を入れ、心臓の冠動脈を目指す。
モニターに写るレントゲン映像と指先だけが頼り。
熟練した技術が手術時間を左右する。
心臓のプラークに到達したカテーテル。
血流がとまった部位へ到達できない。ロータブレイターを入れる。

手術中意識がある患者に声をかける先生。
血管のプラーク、石灰化を削り終えると、周りの細い血管にまで血流が戻る。
手術は30分で終了、そのまま自分で体を起こす。

石灰化、レントゲンで写る場合もあるし、超音波を当ててみてます。
プラーク、腎臓の血管に詰まると腎不全、
頚動脈にたまると脳に飛んで脳梗塞を引き起こす可能性がる。

食事制限は非常にストレスがかかる。奥さんが別の話題をふってストレスを分ける。

関連記事

no image

骨の強さが長寿に。体を支え骨髄は血液を作る

体力自慢の健康長寿。 骨の強さが長寿に

記事を読む

no image

緊張イライラ苛立ちを息を吐くだけでリラックスできる方法自律神経

日曜朝7時からの健康カプセルより自律神経

記事を読む

no image

口を開けると音痛い口が開かない顎がずれる噛みしめ歯軋り噛み癖

肩こり頭痛の元がアゴのズレでした。 ア

記事を読む

no image

熱中症予防に炭酸水、朝風呂、トマトきゅうり

夏は風鈴の季節。風鈴はガラスでできていま

記事を読む

no image

関節リウマチ 膝の痛みが上半身へ 指が張れる

関節疾患、女性がなりやすい関節リウマチ。

記事を読む

膵臓とは?膵臓癌は膵液が流れるすい管に80%発生

すい臓が溶ける急性すい炎の原因検査手遅れ生存率低い癌

肝臓と思いがちですが、他に危ないのがすい

記事を読む

no image

9月の秋に危険な食中毒は腸炎ビブリオとカンピロバクター

食中毒に意外な事実、秋の時期が危ないので

記事を読む

no image

歯磨きで食欲を減らす、小腹すいたら5分間を乗り切る

簡単に食欲をコントロールするには脳を騙す

記事を読む

no image

空回り脳で衰える記憶力、注意力、段取り力の低下

何かを思い出すとき、指令が走って目的地に

記事を読む

no image

体臭 汗臭 中年臭 加齢臭 アンモニア臭 疲労臭 口臭

汗臭:臭い理由は細菌 体臭にはさま

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑