小型の内視鏡マーメイドて詰まったらバックできないのにどうするのかな

小型の内視鏡マーメイド
日本人死亡数が男性3位、女性1位mの大腸がん。
早期発見すると内視鏡的切除ができるので根治しやすい。
大腸がんで死亡するのが一番もったいないと医者は言うのはこのためです。
一回検査して、何もなければ5年に1度の定期検査がいいそうです。
だが、胃や大腸の内視鏡は苦しいイメージがある。

そこで小型カプセル型ロボット内視鏡

小型の内視鏡で人間の消化管の中を動ぐマーメイドと呼ばれるカメラ。
直径12mmで全長45ミリ。
自走式カプセル内視鏡。
尾ひれには磁石が付いている。
食道、胃、小腸、大腸、すべての消化管を見れること。

体を磁石の磁場の中に入れると、操縦者はジョイスティックで操縦できる。
でも捻転、癒着などの理由で腸が狭すぎたりして詰まったらどうするんだろうな。
構造上バックできないし。
という疑問もありました。

私は内視鏡は怖くて出来ない派なのです。
大腸ファイバーは、数千人から1万人の確立で失敗するそうですから。
ですが、発見すればいいという理由も明確なのですが。
参考:アメリカ大腸内視鏡検診で死亡率激減、日本は便検査のみ

関連記事

no image

後から来る熱中症、暑さと疲労と睡眠不足で家で頭痛と吐き気

熱中症で何人も病院に搬送されている。

記事を読む

no image

血管縫合と人工関節のロボットが東大で研究している

医療の進歩で昔は大変だった手術が今はこん

記事を読む

no image

お腹の冷えと下痢腸炎の理由と大腸がん陥凹型がん前兆

暖かくなると大腸に不調、暴飲暴食 冷たい

記事を読む

no image

空回り脳で衰える記憶力、注意力、段取り力の低下

何かを思い出すとき、指令が走って目的地に

記事を読む

no image

右膝に違和感、針を刺したような痛み、腰痛の改善方法

膝腰痛の改善方法! 手すりがないと階段

記事を読む

no image

骨の強さが長寿に。体を支え骨髄は血液を作る

体力自慢の健康長寿。 骨の強さが長寿に

記事を読む

no image

疲労感不調の原因は心臓心筋梗塞糖尿病狭窄ドリルで石灰プラーク

夏こそ危険 心筋梗塞の前兆 年間19万

記事を読む

no image

男は痛風、捻挫や突き指、原因はプリン体を分解の尿酸値

キンキンにひえたビールで乾杯で最高!

記事を読む

亜鉛が足りない?手のしびれと鬱、脱毛、肌荒れ、食欲減退

亜鉛が足りない?手のしびれと鬱、脱毛、肌荒れ、食欲減退

亜鉛は腸管から30%しか吸収されない

記事を読む

no image

9月の秋に危険な食中毒は腸炎ビブリオとカンピロバクター

食中毒に意外な事実、秋の時期が危ないので

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑