熱中症予防に炭酸水、朝風呂、トマトきゅうり

公開日: : 最終更新日:2015/07/15 日曜朝 健康カプセル!ゲンキの時間

夏は風鈴の季節。風鈴はガラスでできています。
そのガラスを溶かす温度は1250度!暑い中での仕事です。
健康カプセルで紹介されていてた、風鈴職人の熱中症対策の知恵をご紹介します。
熱中症分類と対処方法についてはこちらをどうぞ。

熱中症に炭酸水がいい

風鈴職人が飲む意外な飲み物。
お腹に入っても軽い。
炭酸水には血行を良くし、胃の働きを活発にする。
胃が活発になり、水分が早く小腸に送られ吸収も早くなる。
その結果熱中症予防に繋がる。
水より炭酸水がお勧め!学校のクラブ活動でもオススメしたいところです。

酒で割る用のセブンイレブンの糖分が少ない炭酸ジュースがおすすめです。

毎朝41度の朝風呂に入る

暑熱順化出来ない人にお勧め。
朝風呂で暑い環境に慣らすことは汗をかく訓練になる。
気温の低い時に運動して汗を流すのもお勧め。

大量のトマトときゅうり

夏野菜は太陽をいっぱい浴びてもみずみずしいのはカリウムが豊富に含まれているからです。
体の水分バランスを保つカリウムが入っているから、汗と一緒にカリウムが失われると脱水になりやすい。
トマトのリコピンやなすのナスニンは、抗酸化作用があり、暑さによるダメージを回復させる。

夏野菜のクールダウン、熱中症予防に地中海そうめん

トマトジュース 150cc、出汁 70cc、味噌 15gを混ぜる。
鷹の爪 半分、オリーブオイル おおさじ1、にんにく 半分 みじん切り、玉ねぎ 4分の1を炒める。
きゅうり 半分 種を取り除く。
なす 半分 ななめに薄く切り、塩水へ。
これをめんつゆに盛り付け、そうめんにつけて食べる。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑