沖縄の若者は揚げ物豚足フライドチキン寿命が短い。生活習慣病、高血圧、高脂血症、糖尿病、腎臓病

沖縄の日本長寿神話崩壊?

平成22年厚生労働省都道府県別生命表

順位 男性  歳     女性  歳
 1 長野県 80.88 長野県 87.18
 2 滋賀県 80.58 島根県 87.07
 3 福井県 80.47 沖縄県 87.02
 4 熊本県 80.29 熊本県 86.98
 5 神奈川 80.25 新潟県 86.96

沖縄県は女性の長寿1位だったが、1990年1位、1995年1位、2000年1位、2010年3位に転落。
男性にいたっては、1990年1位、1995年4位、2000年26位、2010年30位と、沖縄県は、徳洲会の病院がいっぱいたって、僻地医療が充実し、医療レベルがあがったのに…
沖縄クライシスといわれている。
日本の長寿神話崩壊、ジャパンクライシスの前兆といわれている。
孫が生まれて孫が成人するまで生きたいなと。

沖縄クライシスの原因は若者だった

北中城で敬老会。ちゃーがんじゅ=いつまでも元気。
ミス=美寿 毎年80歳以上から選出される。
北中城 男性最高齢 97歳
なぜ沖縄のランクは下がったのか?
若い方を中心とした方々の健康状態が悪化。

沖縄の年齢別平均余命

0歳~ 30位
20歳 27位
40歳 27位
65歳 2位
75歳 1位

徳洲会などが離島、僻地に進出し、助かる命が増えるはずなのに、下がっている原因は?
食事、生活環境の変化が大きい。実際の若い方の食べ方、内容を探ってみては?
若者は肉食で、豚足、フライドチキン、揚げ物やピザばかり食べて野菜を食べない。
若者は沖縄伝統料理を食べない。
つまり生活習慣病、高血圧、高脂血症、糖尿病、腎臓病が多いということか。

戦後、沖縄の本土返還、食の欧米化、外食産業活発

食文化が変わったのは70年前、戦後欧米化。
肉の加工品、貴重な蛋白源して家庭料理にかかせないものに。
出汁文化が衰退。
1970年代に、沖縄の本土返還により外食産業が盛んに。
塩分摂取量が増加。沖縄は外食が好き。

一般には高齢になると塩分摂取量が増えるが、沖縄では若者が塩分摂取が多すぎる。
沖縄も、交通整備が進み、車社会に。運動不足に。
沖縄は日本で一番、所得が低い県なのに外食産業が盛んとはいかに?
長寿神話崩壊は若者にあった。(生活習慣病が原因で死んでいるということ)

沖縄の肥満度は全国1位、都道府県肥満度

1 沖縄県 45.2
2 宮崎県 44.7
3 栃木県 40.5
4 福島県 40.3
5 徳島県 40.1
6 宮城県 39.5
7 岩手県 38.7
8 北海道 38.5
9 青森県 38.0

生きるのに忙しい、大阪、京都、東京などの大都市は入っていない。
だから、生きるのに忙しくストレスフルな大阪、東京は肥満度も低ければ、寿命も低い。

長寿アドバイス

肉類は健康長寿にとって重要な蛋白源なので食べたらしっかり運動することが重要。
塩分摂取を取りすぎると、高血圧、脳卒中、心臓病など様々な病気の原因になる。
夜更かしが好きで3~4時まで飲む。
生活リズムの乱れが日本に広がっている。
寿命とは、健康寿命(元気に日常生活を送れる期間)と障害期間(寝たきり、要介護期間)がある。
障害期間を減らし、健康寿命を長くすることが健康長寿への重要課題。

沖縄の長寿法

沖縄は耕地が少なく台風の通り道なので米の生産量が少なく、芋が主食。
今の食事の中で足りないのは芋、植物繊維。
戦前の沖縄、1人芋を5キロ食べていた。
植物繊維は腸内に入ると脂肪の周りに吸着。脂肪は吸収されうにくくなり排出される。
沖縄伝統料理、ゴーヤチャンプルには栄養素の黄金トライアングルがある。

①植物繊維

ゴーやの植物繊維 100gあたり2.6g
水溶性食物性繊維は血中のコレステロールや中性脂肪の上昇を抑制する効果がある。

①抗酸化力

ゴーヤーのビタミンC量100gあたり76mg
キャベツの2倍、トマトの5倍。

③減塩

一日の塩分摂取6グラム以下にしろ
ゴーヤチャンプル1グラム以下。

チャンプルスタディーをもとに塩分を控えて伝統的な料理を
1回の食事で250グラム以上の沖縄野菜を摂り、血圧の変化を調べる研究。
1ヶ月で血圧が下がる。伝統料理を取り入れる小学校もある。

沖縄野菜が手に入らなければピーマン

ゴーヤーのかわりにピーマンを使ってください。
ピーマン100gあたり(油いため)
ビタミンC79グラム、カロテン410マイクログラム
水溶性のビタミンCは水に溶けるので湯でてはいけない。
油で絡めて焼くとビタミンが溶け出さない。

老化の引き金になる筋力の低下。
筋肉量は30代をピークに減り始め、40代半場から急降下。
特に太ももにある大腿筋の老化が深刻。
やがて骨折や寝たきりにつながる。筋力低下を食い止める沖縄の取り組み。
沖縄県沖縄市、泡瀬第三公民館。

エイササイズ

伝統舞踊エイサーを元に考え出された健康エクササイズ。
小学生から高齢者まで。

①筋力強化

沈み込む体制で太ももの筋肉を刺激

②心筋機能アップ

速い動きを繰り返すことがポイント

③姿勢改善

腕や肩を大きく回して背中や肩の筋肉を改善

片足スイング

背筋を野ざして片足を前後
骨盤の菌に気宇と下肢の筋肉を強化する。

開脚スクワット

足を大きく開き 両手を腰に ゆっくり落とし、膝を伸ばす
屈伸と同時に腕を回す。下肢の筋肉 腹筋 背筋の強化

コレステロール高い方が長寿

たんぱく質も卵がいいですよ。 
高齢者を長期にわたり 研究 コレステロール高めのほうが長生きできる
コレステロール高い人 8年後の生存率 80%
コレステロール低い人 8年後の生存率 70%
卵、栄養価の高い 食品1日1~2個食べたい

歩行速度が速いほうが長寿、歩行速度と生存率の追跡調査

歩行速度速い 90%
歩行速度普通 85%
歩行速度遅い 60%
足腰の強さ 健脚度が高い
人とのコミュニケーション 頭と心を活性化すると言われている。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑