見えない油とは?油は一日何グラム?

4つの油の種類

油は世界には一万種類ある。
大きく四つに分かれる。

飽和脂肪酸

常温で固形の形状をした脂、バター、マーガリン、ラード、ココナッツオイルなど

n-3系多価不飽和脂肪酸(オメガ3系)

EPAやDHAが中性脂肪の増加を抑制。
エゴマ脂、亜麻仁油、インカインチなど。

n-6系多価不飽和脂肪酸(オメガ6系)

体の細胞を作る成分が含まれている。
ごま油、コーン脂、グレープシードオイルなど。

一価不飽和脂肪酸(オメガ9系)

動脈硬化を予防するオレインさんが豊富。
オリーブオイル、こめ油、紅花油など。

体にいいとはいえとりすぎはよくない。
一日に食事で取る四分の1から五分の一は脂肪のエネルギーをとらないといけない。
きちんと適量は取らないと人間の体にはデメリットになる。
油は体内に取り込まれると、脂肪酸という物質に変化。
脳を活性化させるエネルギーや細胞組織の生成に必要な成分になる。
とりすぎると動脈硬化や心疾患の引き金になる。

調理油の適量

だいだい成人男性15グラムから30グラム
大さじ1日大さじ2杯取る必要がある。
一食当たり、大さじ1杯未満で料理を作る必要がある。

見えない油とは?

お菓子やパンなどの加工食品にもともと含まれている見た目がわからない油。
牛乳にもコップ1杯に油が7.6グラム含まれる。

動物性脂肪はコレステロールや中性脂肪値を上昇させる。
動脈硬化脳梗塞心筋梗塞を増やす
魚に含まれている胴陸奥製脂肪はEPAやDHA 動脈硬化を予防、血をさらさらにする。
一週間の半分は魚料理を食べて欲しい。

油物を食べる時野菜と一緒に食べると油の吸収が抑制させる。
野菜の栄養素の吸収を勧める働き。

発がん性のある油の酸化、使い回しはダメ

新しい油と酸化した油の比較
油の使いまわしはよくない。
酸化した油は健康に悪い。
油は熱したり冷ましたりを繰り返すと酸化。
発がん性が増える。コレステロールも酸化しやすい
酸化コレステロール、普通のコレステロールより動脈硬化を進める

油のもったいないはダメ。
時間が経過することでも酸化する。
1回使うと酸化度5.5%、2回目7.5%、3回目10%、4回目11.5%
酸化度20%は危険

カラアゲを作るなら鶏肉が1cmつかるぐらいで揚げ焼きがお勧め。

関連記事

no image

疲れがとれる方法、鶏肉、窓を開ける、41度のお風呂

大阪市立大学大学院、医学研究科、医学疲労

記事を読む

no image

隠れ脱水は頭の温度が上がると危険。熱中症、夏の乾燥、クーラー吐き気

熱中症の落とし穴、日本一暑い町で熊谷で探

記事を読む

no image

隠れ糖尿病=食後血糖値は健康診断でわからない

自覚無しの隠れ糖尿病はほおっておくと10

記事を読む

no image

風邪と肺炎の違い、カビ原因なら引越し、窓や加湿器

炎症が起こる場所、鼻から声帯なら風邪、声

記事を読む

no image

体臭 汗臭 中年臭 加齢臭 アンモニア臭 疲労臭 口臭

汗臭:臭い理由は細菌 体臭にはさま

記事を読む

no image

右膝に違和感、針を刺したような痛み、腰痛の改善方法

膝腰痛の改善方法! 手すりがないと階段

記事を読む

no image

疲労感不調の原因は心臓心筋梗塞糖尿病狭窄ドリルで石灰プラーク

夏こそ危険 心筋梗塞の前兆 年間19万

記事を読む

no image

沖縄の若者は揚げ物豚足フライドチキン寿命が短い。生活習慣病、高血圧、高脂血症、糖尿病、腎臓病

沖縄の日本長寿神話崩壊? 平成22

記事を読む

no image

9月の秋に危険な食中毒は腸炎ビブリオとカンピロバクター

食中毒に意外な事実、秋の時期が危ないので

記事を読む

no image

熱中症予防に炭酸水、朝風呂、トマトきゅうり

夏は風鈴の季節。風鈴はガラスでできていま

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑