見えない油とは?油は一日何グラム?

4つの油の種類

油は世界には一万種類ある。
大きく四つに分かれる。

飽和脂肪酸

常温で固形の形状をした脂、バター、マーガリン、ラード、ココナッツオイルなど

n-3系多価不飽和脂肪酸(オメガ3系)

EPAやDHAが中性脂肪の増加を抑制。
エゴマ脂、亜麻仁油、インカインチなど。

n-6系多価不飽和脂肪酸(オメガ6系)

体の細胞を作る成分が含まれている。
ごま油、コーン脂、グレープシードオイルなど。

一価不飽和脂肪酸(オメガ9系)

動脈硬化を予防するオレインさんが豊富。
オリーブオイル、こめ油、紅花油など。

体にいいとはいえとりすぎはよくない。
一日に食事で取る四分の1から五分の一は脂肪のエネルギーをとらないといけない。
きちんと適量は取らないと人間の体にはデメリットになる。
油は体内に取り込まれると、脂肪酸という物質に変化。
脳を活性化させるエネルギーや細胞組織の生成に必要な成分になる。
とりすぎると動脈硬化や心疾患の引き金になる。

調理油の適量

だいだい成人男性15グラムから30グラム
大さじ1日大さじ2杯取る必要がある。
一食当たり、大さじ1杯未満で料理を作る必要がある。

見えない油とは?

お菓子やパンなどの加工食品にもともと含まれている見た目がわからない油。
牛乳にもコップ1杯に油が7.6グラム含まれる。

動物性脂肪はコレステロールや中性脂肪値を上昇させる。
動脈硬化脳梗塞心筋梗塞を増やす
魚に含まれている胴陸奥製脂肪はEPAやDHA 動脈硬化を予防、血をさらさらにする。
一週間の半分は魚料理を食べて欲しい。

油物を食べる時野菜と一緒に食べると油の吸収が抑制させる。
野菜の栄養素の吸収を勧める働き。

発がん性のある油の酸化、使い回しはダメ

新しい油と酸化した油の比較
油の使いまわしはよくない。
酸化した油は健康に悪い。
油は熱したり冷ましたりを繰り返すと酸化。
発がん性が増える。コレステロールも酸化しやすい
酸化コレステロール、普通のコレステロールより動脈硬化を進める

油のもったいないはダメ。
時間が経過することでも酸化する。
1回使うと酸化度5.5%、2回目7.5%、3回目10%、4回目11.5%
酸化度20%は危険

カラアゲを作るなら鶏肉が1cmつかるぐらいで揚げ焼きがお勧め。

関連記事

no image

遺伝と親子の性格、がん家系と長寿について

猫のブリーダーの雄の三毛猫は2000万円

記事を読む

no image

歯磨きで食欲を減らす、小腹すいたら5分間を乗り切る

簡単に食欲をコントロールするには脳を騙す

記事を読む

no image

空回り脳で衰える記憶力、注意力、段取り力の低下

何かを思い出すとき、指令が走って目的地に

記事を読む

no image

高血圧にグーパー体操冷えに爪揉み指回し肌に昆布水糖尿病に笑う

今日の日曜日の健康カプセルはドクターが進

記事を読む

no image

肝臓クイズ!牛乳を飲む、二日酔いにならない方法?

健康カプセル元気の時間1時間スペシャルよ

記事を読む

no image

胃の老化、食べた後疲れる疲労が全身の疲労に

健康カプセル元気の時間1時間スペシャルよ

記事を読む

乳腺石灰の画像。大きさが不ぞろい 一か所に石灰が集まっている場合は 悪性を疑う

乳がん40歳以上閉経年齢55歳以降マンモ超音波乳腺が濃い

ピンクリボンブレスケアクリニック表参道

記事を読む

膵臓とは?膵臓癌は膵液が流れるすい管に80%発生

すい臓が溶ける急性すい炎の原因検査手遅れ生存率低い癌

肝臓と思いがちですが、他に危ないのがすい

記事を読む

no image

偽熱中症の特徴と対策。1時間でコップ1杯

熱中症にかかると起こりやすい意外な症状は

記事を読む

no image

口を開けると音痛い口が開かない顎がずれる噛みしめ歯軋り噛み癖

肩こり頭痛の元がアゴのズレでした。 ア

記事を読む

no image
突然死、AEDで胸毛あるとき抜いて電極を張るの?

不整脈とは脈拍が不規則になること 心臓は1分間60~100回一定

no image
熱中症 めまい たちくらみ 気分が悪い 筋肉がつる 頭痛 吐き気

熱中症は暑さで起こる体調不良のこと。 熱中症初期 めまい たちく

小葉+乳管=乳腺
乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~50代がピーク 初潮が11歳以

no image
T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグの尿検査で異常があり泌尿器科を

no image
腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉がでてましたね。 テレビCM

→もっと見る

PAGE TOP ↑