疲れがとれる方法、鶏肉、窓を開ける、41度のお風呂

公開日: : 最終更新日:2014/05/31 日曜朝 健康カプセル!ゲンキの時間

大阪市立大学大学院、医学研究科、医学疲労講座、特任教授、梶本先生によると、疲れが溜まった状態は倦怠感、思考の低下が起こっている。
生活習慣病、高血圧、糖尿病の発症リスクを高める。
結果、脳卒中、心筋梗塞を招く可能性も。
集中するというのは好ましいことじゃない。
脳の一部を使い続ける その細胞が錆びやすい。

疲労を解消したいが、疲労を溜めにくい体にしておくのも大事
集中力が続く限りやりつづけるのではなく、
ベストな作業時間は40分 5分休憩取るのがいい

疲れがとれるベストな方法

40分作業5分休憩

同じ作業を続けると自律神経の酸化が進む。その限界時間は40分程度。
40分を超えると疲労回復が遅れ、疲れが取れにくくなる。
遠慮なく飽きて疲れたらやすむことが 大事。

お風呂は41度で汗を書く手前までにする

お風呂は41度少しぬるいかな汗を出さない程度。
発汗じゃ上昇した体温を下げるため 自律神経がフル活動している証拠。
すっきりするどころか疲れが溜まる。
じっくり合ったまめることで血流を促し老廃物を排出。
眼精疲労はホットタオルでリラックス。

窓を開けるゆらぎを取り入れる

窓を開けるだけで疲労を溜めない。
快適と感じる空間でも温度と湿度に変化がないと疲れやすくなる。
光や風、わずかな変化で副交感神経が優位になるゆらぎという効果。
車の運転の時も有効。
ゆらぎの環境にいてこそ自律神経が休まる。
休憩中、屋外に出るのも効果的。
2時間に一回エアコンの温度を1~2度変えるのもいい。

外に出るサングラス

紫外線が目に入ることで角膜に炎症を起こし活性酸素が全身で発生し疲労につながる。
サングラス防止でシャットアウト。

鶏肉が疲労を溜めない体にするため最も効果がある

鶏の胸肉にはイミダペプチドという強い抗酸化作用をもつ物質が含まれている。
細胞の酸化の予防、疲労の軽減に効果。
もも肉より胸肉に多く含まれ1日100グラム程度でいい。
かつお、まぐろの赤身、尾ひれにも含まれている。

関連記事

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑