冷たい飲み物で風邪をひく理由とゲリラ豪雨で低体温

公開日: : 最終更新日:2014/08/03 日曜朝 健康カプセル!ゲンキの時間

熱中症の人が倒れていたら?

夏の暑さそのものが体にいろんな影響を与える。
脳梗塞、心筋梗塞を起こす元になる。
偽熱中症の人が倒れていたら、涼しいところに写し、ベルトをはずしたりして、楽な姿勢にして安静にさせる。


水分は、意識がないときは無理に水を与えるのは辞めたほうがいい。即救急車。

水分補給は麦茶がおすすめ

ピラジンという物質が血液をさらさらにする効果がある。

恐ろしい夏の病

ゲリラ豪雨で低体温症

昨年2013年7月21日都内の野外コンサートで75人体調不良。
原因が低体温症だった。
なぜ真夏の都心で起こったのか、原因はゲリラ豪雨。
1時間で気温が6度下がった。

この気象条件で外にいると、わずか3分ずつで体温が1.2度下がる。37.1度から、35.9度へ。

低体温症とは体温が35度以下になり、体の機能が低下して起きる症状。
35度を下回ると体の震えや歩行困難、
32度以下になると、錯乱状態に陥り、判断機能が低下する。
死にいたることも有る。

体がぬれていると、冷えた室内で体温が奪われる可能性もあり注意。
風と雨を防げる場所に。チャック付きポリ袋にシャツを入れておくのがお勧め。
乾いた服に着替えるから。

冷たい飲み物で風邪をひく理由はリンパ球の働きが落ちるから

体を中から冷やす冷たい飲み物も危険。
冷たいものをとると、腸管の血管が収縮し、腸の血流が悪くなり、腸が冷えた状態なのでリンパ球の働きが落ち、免疫力が低下します。

リンパ球とは、免疫を司るさいぼうで、その働きが低下すると外敵から身を守れなくなる。
腸には全身のリンパ球の60~70%がある。
腸の働きが低下すると、夏風邪や食あたりの危険性がある。

水分補給、冷たいものの飲みすぎは水分の吸収する能力を低下させ熱中症のリスクを上げる。

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑