汗荒れがなりやすい場所ランキング!1位は首回り

重症化しやすい汗荒れ。
今年の夏も熱いですね。
薬品がかかったような、石鹸の洗い残しがあったような痒みの経験はありませんか?
チクチクピリピリ痒い皮膚は、汗荒れかもしれません。

首回りなどのしつこいかゆみと赤みは汗によって肌が荒れる、肌荒れの可能性があります。夏のトラブルといえば、汗疹(あせも)が知られるが、重症化しやすいのは汗荒れです。
汗によるかゆみあせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合があります

皮膚が薄くて弱いところや肌の乾燥しているところが荒れやすいです。
汗をこまめに拭いたり、乾燥を防いだりなどの早めのケアが重要です。

汗荒れがなりやすい場所ランキング

  • 1位 首回り 女性67.4% 男性59.7%
  • 2位 背中 女性38.6% 男性37.8%
  • 3位 ひじの内側 女性33.9% 男性16.9%
  • 4位 胸回り 女性31.5% 男性15.3%

(ユースキン製薬のH25夏のデータより)

洗いすぎない、蒸れない工夫で予防しよう

入浴時の洗いすぎも肌を荒れやすくするので、
肌をごしごしこすらずに石鹸を使いすぎないように注意する。
肌が蒸れないように衣類を工夫することも汗の皮膚炎の予防につながる。

汗疹は汗管密度が高くて体重あたりの発汗量が多い子供に多く見られるが、汗荒れは大人にも子供にも起きる。