足の壊死を防ぐ手術の種類

公開日: : 最終更新日:2014/04/18 皮膚科、形成外科

糖尿病など生活習慣描画原因で、血管の壁が厚くなる動脈硬化が進むと、足に十分な血液が流れなくなり、足が痺れたり、歩くと痛んだりする。
末梢動脈疾患という病気だ。
症状が進み、壊死や潰瘍が生じる、重症下肢虚血は、年間に1万~2万人が発症するというデータがある。

足の壊死を防ぐ手術の種類

切断を最小限にする救済治療

足の壊死では、くるぶしや膝から足を切断することがある。
しかし切断で歩行ができなくなると、生存期間が短くなるといわれている。
そのため、切断を足指など一部にとどめる、足の救済治療が一部の病院で行われている。

治療は主に、血流を回復させる循環器内科と血管外科、壊死した部分を切りとり、傷の治療を行う形成外科などが連携して行われる。
病院間で患者を紹介し、協力している地域も有る。

血管内治療

血管内治療は、足の付け根から動脈内に細い管を入れ、動脈硬化で狭くなっている部分を風船で広げ、血液が流れるようにする。
再び狭くならないように網状の金属の筒を病変部に留置することもある。

血管外科手術

血管外科手術では、自分の血管や人工血管を使い、動脈が狭くなっている部分とは別の血流を作るバイパス手術が行われる。
厚くなった血管内壁を削り取る手術もある。
十分な血液量を回復させることができるが、高齢者や全身状態が悪い患者には手術ができないことも多い。

血管の手術は、膝下では血管が細い為、難易度が高いが、足の切断を避けるには欠かせない。
形成外科では切断した傷の回復を早める薬や医療機器などを使った専門的な治療を受けることが出来る。

壊死は切り取っても再発の恐れ

糖尿病を長年患っている患者や、人工透析患者は、足の小さな傷が急に悪化し、一部が壊死してしまうことがある。
壊死した部分は切り取っても傷の回復に必要な酸素や栄養を運ぶ血液の流れが悪いままでは、再び壊死が生じ、大きく足を切断しなければならない事態になることもある。
足を守る血管外科手術と傷の治療を一体的に行う必要がある。

関連記事

no image

原因不明の蕁麻疹はグリアジンとアニサキスだった

60歳女性は2年前から全身に強烈なかゆみ

記事を読む

人食いバクテリアの壊死スピード

壊死が筋肉と皮膚が1時間10cm進むスピードの溶連菌感染症とは?

人食いバクテリアの正式名称は劇症型溶

記事を読む

no image

ホクロの皮膚がんは保険金が下りることがあります

ホクロが増えても大丈夫?2年間10個以上

記事を読む

関節を曲げて第二関節を手の目じりと呼んでいます

手の目じりまで手荒れケアする金子エミさん

手荒れに対して手のモデルはどんなケアをし

記事を読む

no image

膿疱性乾癬に有効な新しい治療法1回1時間合計5回

難病で公費対象の膿疱性乾癬(のうほうせい

記事を読む

肌の黒ずみはお風呂が原因?

イボ、黒ずみ、かゆみの原因はお風呂?

乾燥肌は自分で悪化させる、自分で作るとは

記事を読む

no image

手足のかゆみの原因は糖尿病や腎不全

かゆみが警告する病気とは? 糖尿病

記事を読む

日光角化症の特徴

赤いシミは皮膚癌になりかけだった!特徴は?

赤いシミは皮膚癌のタネだった! 特徴を

記事を読む

がん化する可能性のあるホクロの見分け方

メラノーマ疑いのほくろになる年齢と特徴

ほくろは体の表面にメラニン色素を多く含む

記事を読む

激しい痒さの赤いポツポツの湿疹は毛虫

激しい痒さの赤いポツポツの湿疹は毛虫

この赤いポツポツの湿疹は何が原因なの

記事を読む

no image
突然死、AEDで胸毛あるとき抜いて電極を張るの?

不整脈とは脈拍が不規則になること 心臓は1分間60~100回一定

no image
熱中症 めまい たちくらみ 気分が悪い 筋肉がつる 頭痛 吐き気

熱中症は暑さで起こる体調不良のこと。 熱中症初期 めまい たちく

小葉+乳管=乳腺
乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~50代がピーク 初潮が11歳以

no image
T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグの尿検査で異常があり泌尿器科を

no image
腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉がでてましたね。 テレビCM

→もっと見る

PAGE TOP ↑