足の壊死を防ぐ手術の種類

公開日: : 最終更新日:2014/04/18 皮膚科、形成外科

糖尿病など生活習慣描画原因で、血管の壁が厚くなる動脈硬化が進むと、足に十分な血液が流れなくなり、足が痺れたり、歩くと痛んだりする。
末梢動脈疾患という病気だ。
症状が進み、壊死や潰瘍が生じる、重症下肢虚血は、年間に1万~2万人が発症するというデータがある。

足の壊死を防ぐ手術の種類

切断を最小限にする救済治療

足の壊死では、くるぶしや膝から足を切断することがある。
しかし切断で歩行ができなくなると、生存期間が短くなるといわれている。
そのため、切断を足指など一部にとどめる、足の救済治療が一部の病院で行われている。

治療は主に、血流を回復させる循環器内科と血管外科、壊死した部分を切りとり、傷の治療を行う形成外科などが連携して行われる。
病院間で患者を紹介し、協力している地域も有る。

血管内治療

血管内治療は、足の付け根から動脈内に細い管を入れ、動脈硬化で狭くなっている部分を風船で広げ、血液が流れるようにする。
再び狭くならないように網状の金属の筒を病変部に留置することもある。

血管外科手術

血管外科手術では、自分の血管や人工血管を使い、動脈が狭くなっている部分とは別の血流を作るバイパス手術が行われる。
厚くなった血管内壁を削り取る手術もある。
十分な血液量を回復させることができるが、高齢者や全身状態が悪い患者には手術ができないことも多い。

血管の手術は、膝下では血管が細い為、難易度が高いが、足の切断を避けるには欠かせない。
形成外科では切断した傷の回復を早める薬や医療機器などを使った専門的な治療を受けることが出来る。

壊死は切り取っても再発の恐れ

糖尿病を長年患っている患者や、人工透析患者は、足の小さな傷が急に悪化し、一部が壊死してしまうことがある。
壊死した部分は切り取っても傷の回復に必要な酸素や栄養を運ぶ血液の流れが悪いままでは、再び壊死が生じ、大きく足を切断しなければならない事態になることもある。
足を守る血管外科手術と傷の治療を一体的に行う必要がある。

関連記事

サンバーンとサンタンの写真

うっかり日焼けの対処方法、家に帰ったら?

今の時期、うっかり日焼けしすぎたと来院す

記事を読む

no image

巻き爪の原因は深爪。爪が曲がるケア方法

足爪のトラブル、巻き爪、陥入爪(かんにゅ

記事を読む

no image

しもやけの原因と症状と予防

しもやけは凍瘡と呼ばれ、手足の指や耳が赤

記事を読む

ふとももにできたほくろがメラノーマだった

メラノーマが筋肉に転移でニボルバブの金額

20代のメラノーマが見つかり、脇のリンパ

記事を読む

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨

記事を読む

原因は、パラフェニレンジアミンなどの化学物質によるアレルギー反応

髪染めでアレルギー反応が起こる原因

髪の毛を染めると、たいていは頭皮が皮膚炎

記事を読む

激しい痒さの赤いポツポツの湿疹は毛虫

激しい痒さの赤いポツポツの湿疹は毛虫

この赤いポツポツの湿疹は何が原因なの

記事を読む

no image

ホクロの皮膚がんは保険金が下りることがあります

ホクロが増えても大丈夫?2年間10個以上

記事を読む

no image

赤いまだらの発疹で関節の痛みを伴い全身に高熱を起こす寒い時期に起こりやすい病気

原因不明のじんましん 4年前の冬、高校

記事を読む

no image

膿疱性乾癬に有効な新しい治療法1回1時間合計5回

難病で公費対象の膿疱性乾癬(のうほうせい

記事を読む

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

no image
絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組でやっていました。 豆腐に

→もっと見る

PAGE TOP ↑