バージャー病の最新カテーテル治療、国立循環器病研究センター

報告者のレオ・バージャー氏の名前にちなんで病名がつけられた。
特定疾患治療研究事業対象(公費対象)の難病。
バージャー病は、閉塞性血栓血管炎という。
手足の指に冷えや痺れを感じ、歩くたびに強い痛みが走り、歩行困難になるなどの症状がある。
重症化すれば、安静時にも激しい痛みが生じ、皮膚のただれ(潰瘍)、体の組織の壊死が起こることがある。

昔の治療は薬物治療と切断だった

治療は禁煙が基本。
薬物治療では血液の循環を良くし、血栓の生成を防ぐため、血流改善剤や抗血小板製剤などを投与する。
血流改善のため、バイパス手術が行われることもあるが、血管が細く、詰まる範囲が長いため、困難とされる。

バージャー病は、20~40代に多く発祥し、国内での患者は約1万人。
原因は不明で、喫煙や血管の炎症が関係するとされている。
血管が収縮したり、血栓で塞がれたりしておきるが、手足の先までの長い範囲の細い血管が詰まってしまうため、薬物治療や外科的治療には限界があった。

動脈硬化の治療のためのカテーテル治療で改善

糖尿病などが原因の動脈硬化の医療のために技術開発された、直径0.5mmの極細で硬く、滑りがいいガイドワイヤーやカテーテル治療を行い、血流を再開させる。
バージャー病で、皮膚潰瘍の痛み、壊死による切断をこの治療で免れた。
古い考え方の医師だと、切断しかないといいますが、現在バージャー病にもこのようなカテーテル治療が行われています。

この記事の元は、国立循環器病研究センター、大阪府吹田市で、悩む方が居れば一度受診したほうがいいと思います。