バージャー病の最新カテーテル治療、国立循環器病研究センター

公開日: : 最終更新日:2014/04/21 皮膚科、形成外科

報告者のレオ・バージャー氏の名前にちなんで病名がつけられた。
特定疾患治療研究事業対象(公費対象)の難病。
バージャー病は、閉塞性血栓血管炎という。
手足の指に冷えや痺れを感じ、歩くたびに強い痛みが走り、歩行困難になるなどの症状がある。
重症化すれば、安静時にも激しい痛みが生じ、皮膚のただれ(潰瘍)、体の組織の壊死が起こることがある。

昔の治療は薬物治療と切断だった

治療は禁煙が基本。
薬物治療では血液の循環を良くし、血栓の生成を防ぐため、血流改善剤や抗血小板製剤などを投与する。
血流改善のため、バイパス手術が行われることもあるが、血管が細く、詰まる範囲が長いため、困難とされる。

バージャー病は、20~40代に多く発祥し、国内での患者は約1万人。
原因は不明で、喫煙や血管の炎症が関係するとされている。
血管が収縮したり、血栓で塞がれたりしておきるが、手足の先までの長い範囲の細い血管が詰まってしまうため、薬物治療や外科的治療には限界があった。

動脈硬化の治療のためのカテーテル治療で改善

糖尿病などが原因の動脈硬化の医療のために技術開発された、直径0.5mmの極細で硬く、滑りがいいガイドワイヤーやカテーテル治療を行い、血流を再開させる。
バージャー病で、皮膚潰瘍の痛み、壊死による切断をこの治療で免れた。
古い考え方の医師だと、切断しかないといいますが、現在バージャー病にもこのようなカテーテル治療が行われています。

この記事の元は、国立循環器病研究センター、大阪府吹田市で、悩む方が居れば一度受診したほうがいいと思います。

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

→もっと見る

PAGE TOP ↑