赤いまだらの発疹で関節の痛みを伴い全身に高熱を起こす寒い時期に起こりやすい病気

公開日: : 皮膚科、形成外科

原因不明のじんましん
4年前の冬、高校生16歳女性。
学校から帰宅したとき寒い。
手首に赤い発疹、赤いまだら模様。
肘から下全体に広がっていた。
胸元にも広がっていた。

翌朝には消えていた。
週に一回、まだらの湿疹、処方された薬を飲むと翌日には消えていた。

最初の症状から2ヶ月、新学期。
赤いまだら模様に悩まされることはなくなった。

とある夏の日、
まだら模様が胸から腕に。
すぐ学校を早退し皮膚科へ。
また薬で治った。
その日の夕方、またマダラが現れた。
範囲が広がっている。

翌朝、顔にまで広がっていた。
皮膚生検をしたが異常がない。
こんな顔では友達には会えない、引きこもるようになった。

最初の症状から1年。
寒い朝、膝の痛み。
骨を抉り取られるような猛烈な痛み。
38度を超える高熱。

名医の問診

今日はどうされましたか?
胸と腕に赤いまだらもよう
いつから
1年位前
どのくらいの時間?
数時間で消える、1日に何回も出たり消えたりする
短時間で繰り返すのは蕁麻疹の可能性が高い
じんましんより赤みが濃い
さわるとなにかが触れる感覚がある
蕁麻疹の場合、中身は水分。
赤いまだらもようは、中に何かに触れる感覚があった
他に症状は
膝や足首が痛い

赤いまだらの発疹、膝や関節が痛い
膠原病の可能性がある

他に気になる症状
最近は38度ぐらいの熱
それはいつ?
皮膚が赤くなると同時

関節の炎症、熱
全身エリトマトーデスの疑い

髪の毛が抜ける 口内炎は?
ありません
全身性エリテマトーデスではないのか。
原点に戻る
最初に症状がでたのは暑い時期?
寒い冬でした
病気の発症は寒い冬
夏にはでていない?
夏にも出てた
夏に出るのは冷房がよく効いた部屋?
いわれればそうかもしれません。

赤いまだらの発疹で関節の痛みを伴い全身に高熱を起こす寒い時期に起こりやすい病気

CAPS クリオピリン関連周期熱症候群
自己免疫疾患のひとつ

寒さで体温低下 免疫を上げようとする クリオピリン暴走の原因の一つ
130万人に1人の難病

関連記事

がん化する可能性のあるホクロの見分け方

メラノーマ疑いのほくろになる年齢と特徴

ほくろは体の表面にメラニン色素を多く含む

記事を読む

no image

原因不明の蕁麻疹はグリアジンとアニサキスだった

60歳女性は2年前から全身に強烈なかゆみ

記事を読む

no image

かさぶたが傷を化膿させ膿む原因、最新の傷治療

傷、やけどの治療で早く跡形もなく、傷跡も

記事を読む

no image

アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる

記事を読む

乾燥肌が改善したのはぬか漬け作り!

乾燥肌が治るかも!ぬか漬け、ヨーグルト!

多くの方が悩む乾燥肌。 空気の乾燥や加

記事を読む

no image

癌になるホクロの見分け方

紫外線対策をしないと普通のホクロが皮膚が

記事を読む

no image

足の壊死を防ぐ手術の種類

糖尿病など生活習慣描画原因で、血管の壁が

記事を読む

単純ヘルペスウイルス1型の写真

ヘルペスウイルスは風呂で移らないがタオルで移る

ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペス。

記事を読む

関節を曲げて第二関節を手の目じりと呼んでいます

手の目じりまで手荒れケアする金子エミさん

手荒れに対して手のモデルはどんなケアをし

記事を読む

no image

ホクロの皮膚がんは保険金が下りることがあります

ホクロが増えても大丈夫?2年間10個以上

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑