癌になるホクロの見分け方

紫外線対策をしないと普通のホクロが皮膚がんになります。
癌になるかもしれないホクロというのは特徴があります。
サイズが大きかったり形がいびつな場合は皮膚科や形成外科で相談しましょう。

がん化する可能性のあるホクロの見分け方

  • 形が非対称
  • まわりがギザギザ
  • 色が黒色主体ではない
  • 長さが6mmを超える
  • ホクロが急激に変化

皮膚がん、ほくろの癌でも一般的には悪性腫瘍ですので、がん保険に入っていれば保険適応が下りる可能性が高いです。皮膚組織の手術、病理出しして、悪性新生物と新産され、医師が保険診断書に書いてくれれば皮膚がんやほくろの癌でも保険金が下ります。
皮膚がんは体の負担が軽い手術なので、これで保険金がもらえたら得するかもしれません。

メラノーマ疑いのほくろになる年齢と特徴についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。