癌になるホクロの見分け方

公開日: : 最終更新日:2015/06/01 皮膚科、形成外科

紫外線対策をしないと普通のホクロが皮膚がんになります。
癌になるかもしれないホクロというのは特徴があります。
サイズが大きかったり形がいびつな場合は皮膚科や形成外科で相談しましょう。

がん化する可能性のあるホクロの見分け方

  • 形が非対称
  • まわりがギザギザ
  • 色が黒色主体ではない
  • 長さが6mmを超える
  • ホクロが急激に変化

メラノーマ疑いのほくろになる年齢と特徴についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑