小顔マッサージやりすぎで肝斑というシミができる

小顔にするためにマッサージしすぎるとシミができる。
お肌トラブルは女性の8割がかかえている。

子顔マッサージが原因のシミ

その中にも子顔マッサージが原因のしみがある。
力をいれてぐりぐり。
マッサージにやりすぎで顔が赤くなる。
赤くなるということは、血行がよくなっているが、皮膚の炎症を起こしている。
それが原因で、肝斑ができる。
飲み薬で薄くできるが、レーザー治療が必要。

他にもシミの原因は紫外線。
夏じゃなく5~6月の梅雨の曇り空でも紫外線は届く。
日焼け止めや日傘を持ちましょう。

美白効果のある食べ物

ビタミンCを多く含むパプリカ、レモン、ブロッコリー。

顔のしわを伸ばす顔ヨガでも、顔マッサージがしわができる。
顔の筋肉 うごかせば動かすほどしわができやすい。
表情豊かならしわが多い。

洋服の畳しわと同じで何回もつくとしわがつく。
顔のしわを伸ばさないために笑わないのも工夫。