臭い後頭部とうなじ、背中や胸周りの男性の体臭は3種類

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 皮膚科、形成外科

第3の臭い”ミドル脂臭”について。
中年男性の臭いといえば加齢臭が有名だ。
言葉のイメージから、オヤジ臭=加齢臭と思っている人は意外と多い。
ところが、加齢臭は古い本のような臭いで、実はそれほど不快ではない。
しかも加齢臭の成分「2-ノネナール」が本格的に増えるのは50代以降。
発生する場所も背中や胸周りで、俗に言う耳の後ろから臭うという説は噂に過ぎない。

では中年男性の臭いの正体は何なのか、
それこそが今、「第3の臭い」として注目される”ミドル脂臭”です。
主に後頭部からうなじにかけて発生

チーズなどの発酵食品にもあるにおい成分「ジアセチル」が原因になっている。
「頭の汗に含まれる乳酸が頭皮の細菌などによる代謝で分解されて発生する。
皮脂臭と混ざることで悪臭が増す」とマンダムの臭気判定士、清水真由美さんは説明する。
加齢臭より不快度が高く、広がりやすい性質がある。

男性の体臭は大きく分けて3種類ある

●50歳以降の加齢臭
●35~45歳で顕著に現われるミドル脂臭
●思春期から20歳前後が最も強い、脇を中心とした汗臭

この3つの臭いが交じり合う30代40代は最も体臭のケアが必要な世代です。
臭いを気にしない人はモテないですよ。
でも臭いに敏感になりすぎるのもよくないですが、食生活をしっかりして清潔感をだしていきたいところですね。

関連記事

がん化する可能性のあるホクロの見分け方

メラノーマ疑いのほくろになる年齢と特徴

ほくろは体の表面にメラニン色素を多く含む

記事を読む

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨

記事を読む

no image

汗荒れがなりやすい場所ランキング!1位は首回り

重症化しやすい汗荒れ。 今年の夏も熱い

記事を読む

no image

しもやけ・ひび・あかぎれの原因と症状と予防

しもやけは凍瘡と呼ばれ、手足の指や耳が赤

記事を読む

関節を曲げて第二関節を手の目じりと呼んでいます

手の目じりまで手荒れケアする金子エミさん

手荒れに対して手のモデルはどんなケアをし

記事を読む

no image

バージャー病の最新カテーテル治療、国立循環器病研究センター

報告者のレオ・バージャー氏の名前にちなん

記事を読む

no image

顔の肌の調子を整える方法は朝晩42度のお湯タオルで暖めること

美肌への近道は42度のホットタオルで顔を

記事を読む

no image

かさぶたが傷を化膿させ膿む原因、最新の傷治療

傷、やけどの治療で早く跡形もなく、傷跡も

記事を読む

no image

膿疱性乾癬に有効な新しい治療法1回1時間合計5回

難病で公費対象の膿疱性乾癬(のうほうせい

記事を読む

単純ヘルペスウイルス1型の写真

ヘルペスウイルスは風呂で移らないがタオルで移る

ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペス。

記事を読む

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑