臭い後頭部とうなじ、背中や胸周りの男性の体臭は3種類

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 皮膚科、形成外科

第3の臭い”ミドル脂臭”について。
中年男性の臭いといえば加齢臭が有名だ。
言葉のイメージから、オヤジ臭=加齢臭と思っている人は意外と多い。
ところが、加齢臭は古い本のような臭いで、実はそれほど不快ではない。
しかも加齢臭の成分「2-ノネナール」が本格的に増えるのは50代以降。
発生する場所も背中や胸周りで、俗に言う耳の後ろから臭うという説は噂に過ぎない。

では中年男性の臭いの正体は何なのか、
それこそが今、「第3の臭い」として注目される”ミドル脂臭”です。
主に後頭部からうなじにかけて発生

チーズなどの発酵食品にもあるにおい成分「ジアセチル」が原因になっている。
「頭の汗に含まれる乳酸が頭皮の細菌などによる代謝で分解されて発生する。
皮脂臭と混ざることで悪臭が増す」とマンダムの臭気判定士、清水真由美さんは説明する。
加齢臭より不快度が高く、広がりやすい性質がある。

男性の体臭は大きく分けて3種類ある

●50歳以降の加齢臭
●35~45歳で顕著に現われるミドル脂臭
●思春期から20歳前後が最も強い、脇を中心とした汗臭

この3つの臭いが交じり合う30代40代は最も体臭のケアが必要な世代です。
臭いを気にしない人はモテないですよ。
でも臭いに敏感になりすぎるのもよくないですが、食生活をしっかりして清潔感をだしていきたいところですね。

関連記事

no image

癌になるホクロの見分け方

紫外線対策をしないと普通のホクロが皮膚が

記事を読む

no image

乾燥肌は風呂上がり保湿を5分以内すぐ塗る

皮膚は角層、表皮、真皮からなり、 角層

記事を読む

no image

膿疱性乾癬に有効な新しい治療法1回1時間合計5回

難病で公費対象の膿疱性乾癬(のうほうせい

記事を読む

no image

原因不明の蕁麻疹はグリアジンとアニサキスだった

60歳女性は2年前から全身に強烈なかゆみ

記事を読む

アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる

記事を読む

no image

かさぶたが傷を化膿させ膿む原因、最新の傷治療

傷、やけどの治療で早く跡形もなく、傷跡も

記事を読む

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨

記事を読む

激しい痒さの赤いポツポツの湿疹は毛虫

激しい痒さの赤いポツポツの湿疹は毛虫

この赤いポツポツの湿疹は何が原因なの

記事を読む

no image

巻き爪の原因は深爪。爪が曲がるケア方法

足爪のトラブル、巻き爪、陥入爪(かんにゅ

記事を読む

no image

色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処し

記事を読む

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

→もっと見る

PAGE TOP ↑