色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

公開日: : 皮膚科、形成外科

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。
クマ=隈とは、「陰・くもり」や「色の濃い部分」と言う意味。
目の周りの皮膚は厚さ0.6~0.7っmと薄く毛細血管が集まっているデリケートな部分。
顔の皮膚では繊細で刺激にも弱い部分。

若年層は青グマや茶グマ、40代以降は黒グマに悩む人が多い。
また、化粧の低年齢化やエアコンによる乾燥でクマが目立つ若者も増えている。

青いクマは睡眠不足、ストレス、眼精疲労、冷え

血行不良によって発生する。
酸素が不足して黒ずんだ血液が目の周りの皮膚を透けて青っぽく見えるのが原因。
対処法は十分な睡眠を取ることや、パソコンや携帯電話の使用時間を減らすこと。
入浴で血行改善など。
温かいと冷たいを交互に繰り返すと血行が良くなる。

茶色いクマは紫外線ダメージ

茶色いクマは紫外線を浴びたダメージでメラニン色素が沈着し、くすみや黒ずみが目立つようになったもの。
スキンケアに力を入れて揉み過ぎたり、花粉症のかゆみでかきむしったりと目の周りの皮膚に刺激を与えると茶ぐまの原因となる。
対処法は美白効果の化粧品や、ビタミンCの摂取。
アイゾーンの扱いは優しく力を入れずに。

黒いクマは加齢が原因

目の周囲の筋肉や眼球を支える靱帯が衰えての緩み、下瞼の脂肪が前にせり出す。
その結果陰ができる。
これが黒グマ。
顔が浮腫んでいると目の下の膨らみがさらに目立つ。
対処法は顔の表情筋を鍛えたりむくみを解消すること。
リンパマッサージもいいかも。

睡眠・血行改善・むくみ解消で目元スッキリを目指そう。

関連記事

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑