色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

公開日: : 皮膚科、形成外科

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。
クマ=隈とは、「陰・くもり」や「色の濃い部分」と言う意味。
目の周りの皮膚は厚さ0.6~0.7っmと薄く毛細血管が集まっているデリケートな部分。
顔の皮膚では繊細で刺激にも弱い部分。

若年層は青グマや茶グマ、40代以降は黒グマに悩む人が多い。
また、化粧の低年齢化やエアコンによる乾燥でクマが目立つ若者も増えている。

青いクマは睡眠不足、ストレス、眼精疲労、冷え

血行不良によって発生する。
酸素が不足して黒ずんだ血液が目の周りの皮膚を透けて青っぽく見えるのが原因。
対処法は十分な睡眠を取ることや、パソコンや携帯電話の使用時間を減らすこと。
入浴で血行改善など。
温かいと冷たいを交互に繰り返すと血行が良くなる。

茶色いクマは紫外線ダメージ

茶色いクマは紫外線を浴びたダメージでメラニン色素が沈着し、くすみや黒ずみが目立つようになったもの。
スキンケアに力を入れて揉み過ぎたり、花粉症のかゆみでかきむしったりと目の周りの皮膚に刺激を与えると茶ぐまの原因となる。
対処法は美白効果の化粧品や、ビタミンCの摂取。
アイゾーンの扱いは優しく力を入れずに。

黒いクマは加齢が原因

目の周囲の筋肉や眼球を支える靱帯が衰えての緩み、下瞼の脂肪が前にせり出す。
その結果陰ができる。
これが黒グマ。
顔が浮腫んでいると目の下の膨らみがさらに目立つ。
対処法は顔の表情筋を鍛えたりむくみを解消すること。
リンパマッサージもいいかも。

睡眠・血行改善・むくみ解消で目元スッキリを目指そう。

関連記事

乾燥肌が改善したのはぬか漬け作り!

乾燥肌が治るかも!ぬか漬け、ヨーグルト!

多くの方が悩む乾燥肌。 空気の乾燥や加

記事を読む

うっかりも安心!正しい日焼け止めの塗り方

うっかりも安心!正しい日焼け止めの塗り方

従来の塗り方はすりこむと逆に落ちてしまう

記事を読む

no image

足の壊死を防ぐ手術の種類

糖尿病など生活習慣描画原因で、血管の壁が

記事を読む

原因は、パラフェニレンジアミンなどの化学物質によるアレルギー反応

髪染めでアレルギー反応が起こる原因

髪の毛を染めると、たいていは頭皮が皮膚炎

記事を読む

no image

巻き爪の原因は深爪。爪が曲がるケア方法

足爪のトラブル、巻き爪、陥入爪(かんにゅ

記事を読む

no image

赤いまだらの発疹で関節の痛みを伴い全身に高熱を起こす寒い時期に起こりやすい病気

原因不明のじんましん 4年前の冬、高校

記事を読む

no image

臭い後頭部とうなじ、背中や胸周りの男性の体臭は3種類

第3の臭い"ミドル脂臭"について。 中

記事を読む

がん化する可能性のあるホクロの見分け方

メラノーマ疑いのほくろになる年齢と特徴

ほくろは体の表面にメラニン色素を多く含む

記事を読む

no image

小顔マッサージやりすぎで肝斑というシミができる

小顔にするためにマッサージしすぎるとシミ

記事を読む

no image

バージャー病の最新カテーテル治療、国立循環器病研究センター

報告者のレオ・バージャー氏の名前にちなん

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑