メラノーマが筋肉に転移でニボルバブの金額

公開日: : 最終更新日:2015/06/14 皮膚科、形成外科

20代のメラノーマが見つかり、脇のリンパ節に転移。
手術後、2年以内 3年以内が再発率が高い山。
その山をこえれば再発のリスクは下がる
月に一度 インターフェロン治療を行った。
ステージ1または癌の手前で病院に来て貰いたいが一般の人にはわからない。

これがあればメラノーマかも?

  • 新しく出来た
  • だんだん大きくなる
  • 大きさ6mm以上
  • つまむとシコリ
  • 形が左右非対称
  • 周りに染み出す
  • 色むらがある
  • 出血する

メラノーマの5年生存率

メラノーマの5年生存率

  • ステージ1 転移なし(がんの厚さが2mm以下)約95%~100%
  • ステージ2 転移なし(がんの厚さが2mm以上)約70%~80%
  • ステージ3 リンパ節や周囲の皮膚に転移 約50%~60%
  • ステージ4 内臓に転移 約10%

要注意のホクロとしみはダーモスコピーという皮膚科の検査でわかる。

参考:メラノーマ疑いのほくろになる年齢と特徴

新薬ニボルバブ+手術

ふとももにできたほくろがメラノーマだった
ふとももにできたほくろがメラノーマだった。
つけねを触るとグリグリ、しこりがあった。
メラノーマがふともものリンパ節に転移してしこりになった。
思いがけないところで転移、上半身と下半身をつなぐ筋肉の中にも3cmの転移。

手術で安全に取れるところはとり、取りにくいところ、体に影響が残るところは薬で治療する。
手術後ニボルバブの投与を行う。
2014年の9月に適応。メラノーマで使えるようになった。
手術で取れない体の奥の癌をたたきます。

がん細胞を直接たたくわけではない。
ターゲットは免疫細胞。
免疫細胞ががん細胞を攻撃するが、がん細胞は免疫細胞が攻撃しないように働きかけ身を守っている。
免疫細胞が再び癌を攻撃するように働きかけるのがニボルバブ。
点滴を数週間に1回。

次には肺がんの1部で使えるようになるでしょう。

ニボルバブの副作用

  • 間質性肺炎
  • 肝機能障害
  • 甲状腺の異常
  • 腸炎
  • かゆみ

ニボルバブの金額

体重が60kgで1回85万円 3割だとのその三割負担。
体重で計算する。それを三週間ごとに行う。
高額医療制度を使うと月の金額は85000円ぐらいになる。

ニボルバブの5年生存率では日本ではわからないが、3年で40%という生存率まで来ている。

早期発見に注意、自分のことも人のことも気をつける。
新しく出来たほくろがだんだん大きくなってくる。
形は左右非対称でいびつ、早めに専門医を訪れましょう。

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

→もっと見る

PAGE TOP ↑