「 皮膚科、形成外科 」 一覧

皮膚の形成の分野であるしわ、たるみ、しみ、怪我、火傷についてご紹介します。

うっかり日焼けの対処方法、家に帰ったら?

今の時期、うっかり日焼けしすぎたと来院する患者が多い。 たとえば上半身裸のまま、2~3時間浜辺で過ごした結果、皮膚が真っ赤になって火照り、ひりひりとした痛みが徐々に強くなり、24時間後にピークを迎え

続きを見る

小顔マッサージやりすぎで肝斑というシミができる

小顔にするためにマッサージしすぎるとシミができる。 お肌トラブルは女性の8割がかかえている。 子顔マッサージが原因のシミ その中にも子顔マッサージが原因のしみがある。 力をいれてぐりぐ

続きを見る

メラノーマ疑いのほくろになる年齢と特徴

ほくろは体の表面にメラニン色素を多く含む細胞が集まったもの。 先天性、後天性の両方がある。 平らなものもあれば、皮膚が盛り上がったものもある。 子供のほくろは平らなものが比較的多い。 ほくろの

続きを見る

バージャー病の最新カテーテル治療、国立循環器病研究センター

報告者のレオ・バージャー氏の名前にちなんで病名がつけられた。 特定疾患治療研究事業対象(公費対象)の難病。 バージャー病は、閉塞性血栓血管炎という。 手足の指に冷えや痺れを感じ、歩くたびに強い痛

続きを見る

足の壊死を防ぐ手術の種類

糖尿病など生活習慣描画原因で、血管の壁が厚くなる動脈硬化が進むと、足に十分な血液が流れなくなり、足が痺れたり、歩くと痛んだりする。 末梢動脈疾患という病気だ。 症状が進み、壊死や潰瘍が生じる、重症

続きを見る

かさぶたが傷を化膿させ膿む原因、最新の傷治療

傷、やけどの治療で早く跡形もなく、傷跡も残らない。 乳児の火傷も三ヶ月で元通り! 練馬光が丘病院 年間12000人以上 傷の治療センター 夏井先生 世界で始めて行った治療法のご紹介。 傷を

続きを見る

膿疱性乾癬に有効な新しい治療法1回1時間合計5回

難病で公費対象の膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)に有効な治療法があります。 皮膚の症状改善、薬使えない患者に光。 皮膚が赤く腫れ、膿が溜まる膿疱性乾癬は免疫を抑える薬などで治療するが、全身に広が

続きを見る

しもやけ・ひび・あかぎれの原因と症状と予防

しもやけは凍瘡と呼ばれ、手足の指や耳が赤く腫れてかゆみを伴う病気。 同様に手足の指に見られる「ひび・あかぎれ」は手足の皮膚に割れ目ができてひどい場合は出血する症状。 これに対し、しもやけは毛細血管

続きを見る

顔の肌の調子を整える方法は朝晩42度のお湯タオルで暖めること

美肌への近道は42度のホットタオルで顔を温めること。 よく美容院とかでやってくれるやつ。 手軽に肌の調子を整える方法を慶應義塾大学水島先生が健康カプセル元気の時間で紹介していました。 42度

続きを見る

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑