壊死が筋肉と皮膚が1時間10cm進むスピードの溶連菌感染症とは?

公開日: : 皮膚科、形成外科

壊死が筋肉と皮膚が1時間10cm進むスピードの溶連菌感染症
人食いバクテリアの正式名称は劇症型溶血性レンサ球菌感染症。
(streptococcal toxic shock syndrome:STSS)
溶連菌という細菌で引き起こされる。
誰にでも感染するその辺にある菌で、咽に感染するが抗生物質で治る。
病院のレセプト病名では、特に急性咽頭炎などで片付けられる病気。

傷口から入れば劇症かすることもある。
毒素の強い細菌に変異し、筋肉を壊死させ、手足を切断ということもある。

人食いバクテリアの初期症状

発熱や悪寒などの風邪のような症状。
手足の強い痛みと腫れ、傷口が赤くなる。

人食いバクテリアの壊死スピード

人食いバクテリアの壊死スピード
足とかに感染して紫になったと思ったら膝からふととももまで広がり、全身に広がって内臓がやられてしまう。
足などの筋肉から皮膚の壊死が1時間に10cm進行が進むことがあるスピードが特徴。
発症からわずか1日で死ぬこともある。

通常は免疫機構がある、菌が入っても戦ってせめぎあいがあるが、劇症型は一切ない。
無抵抗の人に銃弾爆撃をするような感じ。

筋肉と皮膚を切り取るのが処置、その後に自家移植する

普通の咽頭炎?STSS
首から胸の皮膚をそぎ落とす処置をした人の話だと、最初は普通の咽頭炎だと思ってた。
するとアゴまで腫れてきた。
咽の辺りが急に腫れ始めた。
アゴの下に穴を開け膿を抜いたが進行が異常だった。
原因不明のままいったん帰宅したが、
さらに腫れが拡大。
人食いバクテリアの感染が判明。
壊死していた皮膚や筋肉を切り取った。
心臓などに写らないように洗浄を繰り返し、自分の腹部の皮膚を移植。

始めて確認されたのは28年前

劇症型溶血性レンサ球菌感染症で分かっているのは30代以上からかかることがあり、60代以上の高齢者が多い。
感染対策は外出時にマスクや手を洗うこと。
手に付いた菌が傷口に入るのが多い。
異変を感じたらいち早く病院へ行くこと。

抗菌薬よりも早く感染するため、フレッシュイーティング(生身を食らう)とアメリカでは言われている。

関連記事

no image

足の壊死を防ぐ手術の種類

糖尿病など生活習慣描画原因で、血管の壁が

記事を読む

うっかりも安心!正しい日焼け止めの塗り方

うっかりも安心!正しい日焼け止めの塗り方

従来の塗り方はすりこむと逆に落ちてしまう

記事を読む

原因は、パラフェニレンジアミンなどの化学物質によるアレルギー反応

髪染めでアレルギー反応が起こる原因

髪の毛を染めると、たいていは頭皮が皮膚炎

記事を読む

no image

かさぶたが傷を化膿させ膿む原因、最新の傷治療

傷、やけどの治療で早く跡形もなく、傷跡も

記事を読む

傷が水虫がなかなか治らない・

足血管の動脈硬化が水虫が治らない 冷える 痛くなる原因かも

足からわかる動脈硬化。 朝晩足が冷

記事を読む

no image

臭い後頭部とうなじ、背中や胸周りの男性の体臭は3種類

第3の臭い"ミドル脂臭"について。 中

記事を読む

no image

手足のかゆみの原因は糖尿病や腎不全

かゆみが警告する病気とは? 糖尿病

記事を読む

肌の黒ずみはお風呂が原因?

イボ、黒ずみ、かゆみの原因はお風呂?

乾燥肌は自分で悪化させる、自分で作るとは

記事を読む

アニサキス 胃カメラの写真

原因不明の蕁麻疹はグリアジンとアニサキスだった

60歳女性は2年前から全身に強烈なかゆみ

記事を読む

激しい痒さの赤いポツポツの湿疹は毛虫

激しい痒さの赤いポツポツの湿疹は毛虫

この赤いポツポツの湿疹は何が原因なの

記事を読む

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

no image
死体を解剖した時に左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

死因を調べるため死体を解剖した時、左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

→もっと見る

PAGE TOP ↑