アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

公開日: : 最終更新日:2019/02/24 皮膚科、形成外科

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。
息子は肌が綺麗なのでアトピーじゃなくてよかったなと思ったら、
最近虫に刺されまくってかわいそうにアトピーぽくなってきたので、
嫁のかかりつけ皮膚科についていくとそこは寿司屋だった

アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

診察室に入るなり、

先生「へいらっしゃい、なんにしましょう!」

となるのでびっくりした

嫁「ビーソフテンローションと~
  アンテベート軟膏と~
  頭にトプシムローション?と~」

先生「何個必要でい?」

嫁「ビーソフテンローション4個と~」

先生「ちょい待ち!合計400gまでだよ!」

と寿司屋みたいなやりとりが繰り返されるので面白かった。
皮膚科の先生も高齢で白い服を着ているので、鉢巻をすればどこかの寿司職人と変わりない見た目。

息子は、ステロイドの塗り薬を希望すると、おしりの穴見せてと脱がすと泣いていた。
泣いたらキラキラカードくれた。
寿司屋のおまけみたいだ。

今後、こんな高級すしや見たいな診察室で、患者の要望に応えるだけの病院っていうのはありな気がする。だって社会は金持ちのためにできているからね。

領収書を見たら、初診料と院外処方箋料のみだった。
皮膚科クリニックは実費診療とかしない限りあんまり儲からないかも。
とはいえ、10分以下の診察で一人5000円は儲かり過ぎかもしれないが…

皮膚科の評判が下がる言葉は、皮膚を見て、はーはーふむふむで終わったり、
かきむしったあとを見て、かきむしるからダメなんだという医者みたいです。
そりゃかゆくてしょうがないから医者に見てもらうのに一方的にかくからダメなんだは可哀想でしょう。

関連記事

no image
職業病、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑