アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

公開日: : 皮膚科、形成外科

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。
息子は肌が綺麗なのでアトピーじゃなくてよかったなと思ったら、
最近虫に刺されまくってかわいそうにアトピーぽくなってきたので、
嫁のかかりつけ皮膚科についていくとそこは寿司屋だった

アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

診察室に入るなり、

先生「へいらっしゃい、なんにしましょう!」

となるのでびっくりした

嫁「ビーソフテンローションと~
  アンテベート軟膏と~
  頭にトプシムローション?と~」

先生「何個必要でい?」

嫁「ビーソフテンローション4個と~」

先生「ちょい待ち!合計400gまでだよ!」

と寿司屋みたいなやりとりが繰り返されるので面白かった。
皮膚科の先生も高齢で白い服を着ているので、鉢巻をすればどこかの寿司職人と変わりない見た目。

息子は、ステロイドの塗り薬を希望すると、おしりの穴見せてと脱がすと泣いていた。
泣いたらキラキラカードくれた。
寿司屋のおまけみたいだ。

領収書を見たら、初診料と院外処方箋料のみだった。
皮膚科クリニックは実費診療とかしない限りあんまり儲からないかも。
とはいえ、10分以下の診察で一人5000円は儲かり過ぎかもしれないが…

皮膚科の評判が下がる言葉は、皮膚を見て、はーはーふむふむで終わったり、
かきむしったあとを見て、かきむしるからダメなんだという医者みたいです。
そりゃかゆくてしょうがないから医者に見てもらうのに一方的にかくからダメなんだは可哀想でしょう。

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑